FC2ブログ

妻と彼女には言えない事

妻と彼女には言えない本音を綴ります。懺悔の念も込めて。。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

妻と彼女には言えない私の歴史 その15 最終章

私は「もし~だったら~」という仮定はあまり好きではありません。
過ぎ去った事実は変わらないのですから。
でも、今付き合っている彼女だけは、もし独身時代に出会っていたら。。。と思います。

【人妻③】2003~
現在進行形の彼女です。

2000年からは全てが子供中心の生活でした。
特に出会いもなかったし、子供といることが幸せでした。
そんなとき、今の彼女と出会いました。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その15 最終章]の続きを読む
  1. 2005/04/18(月) 11:25:35|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

妻と彼女には言えない私の歴史 その14

たった一度きりのデートでしたが、私には一生忘れることの出来ない想い出です。

【OL⑤ -後編-】1999
 ~ラブラブ~

翌日は大阪の街に強い彼女の案内でデート
誰も知る人がいないという開放感があったせいか、一日中手を繋いでました。
それまで女性と手を繋いでデートなんてしたことありません。
幼稚な表現ですが、まさにラブラブだったと思います。
ひと時も離れたくありませんでした。
前の晩頑張った彼女は、途中ベンチで私の膝の上で寝ます。
私は幸せで彼女の頭をずっと撫でてました。

[妻と彼女には言えない私の歴史 その14]の続きを読む
  1. 2005/04/17(日) 02:35:51|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その13

プラトニックだけが清純な愛だとは思いません。
セックスをする間柄でも清純な愛はあると思います。
肉体的よりも精神的に好きと思えた人です。

【OL⑤ -前編-】1999
 ~純粋な気持ち~

職場の派遣会社員。
美人ではないですが、愛嬌ある可愛いコ。
私にしては珍しく、Eカップの巨乳。
知り合ってすぐナツかれました。
私も彼女が可愛くて、飲み会ではいつも一緒に行動してました。
私って、本当に惚れっぽいと思います。
飲み会の帰りはいつも家まで送りキスしてました。
こっそり車でデートしたとき、キスに続いて指マンすると、全然抵抗なし。
しかも濡れ方が凄い。手がビチャビチャになるくらい。
今の彼女よりも凄かったかも。
本人は「いつもこうなんです」って恥ずかしがってました。
男としては嬉しいものです。
昼間だったのでカーセックスには至らず。
その後のデートでは、キスと指マンが主でした。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その13]の続きを読む
  1. 2005/04/16(土) 18:52:16|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その12

相手が見えない出会い系サイトでは、場合によっては失敗することもあります。
ある意味イイ勉強になりました。


【人妻②】1999
別の出会い系で千葉の人妻と知り合い、東京出張のタイミングでお台場でデート。
メールではジャニーズ好きの若いお母さんって感じでした。
私もミーハーな方で、ジャニーズ系は大好きでしたから話も合いました。
その分待ち合わせは楽しみでした。
が、待ち合わせ場所に来たのは。。。。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その12]の続きを読む
  1. 2005/04/16(土) 15:40:17|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その11

独自?のフェラテクを駆使する彼女に、私は惹かれます。
でもそこには見事なオチが待っていました。


【OL④ -後編-】1999
 ~アナザー初体験~

フェラでこれならセックスはどんなだろう?って興味深々でした。
もちろん、約束を取り付けて次の出張時に2回目のデート。
居酒屋では彼女の素性を聞きました。
今まで好きになった人はみな既婚者なんだそうです。
おのずと全部不倫。
でも、別れた人がいまだに忘れられないとか。
そういう私も既婚者でした。
彼女にとって私は、浮気をする既婚者の代表に映ったのかもしれません。
既婚者の心理について、イロイロなことを質問されました。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その11]の続きを読む
  1. 2005/04/16(土) 07:20:53|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その10

いろんな出会いはありましたが、どれも忘れることができない出会いばかりです
精神的にも、肉体的にも。。。。

【OL④ -前編-】1999
 ~男を弄ぶ女~

関東出張時のセックス相手が欲しくて、出会い系で関東在住をゲット。
でも、いわゆる「即アポ即ハメ」ではありません。
ちゃんとお互いのことを知り合って、会いたいと思ったからです。
デブではありませんが、ちょっとぽっちゃりな大柄系。
年齢は4~5歳下だったでしょうか。
出張なら、風俗行けば済みそうですが、私は風俗ダメなんです。
恥ずかしいし、知らない人とスケベなことするなんてできません。
だから彼女の事も知ろうと努力しました。
だから、会った時点から、セックスしそうな空気は十分承知でした。
新宿で飲んだ後、ラブホへ。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その10]の続きを読む
  1. 2005/04/15(金) 22:00:17|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

妻と彼女には言えない私の歴史 その9

1999年は、出張が多く、自ずと女性達との出会う機会が増えました。
外で遊ぶ私は、出張のたびに沢山のお土産を妻に買ってきてました。
せめてもの罪滅ぼしです。


【OL③】1999
大阪出張時に知り合いました。都会的なイイ女系です。
「足のキレイさには自信がある」と豪語するくらいの美脚の持ち主。
顔もかなり美人でした。でも、コテコテのなにわんギャル(笑)
ナンパが苦手な私は、酔った勢いで、電車で偶然隣になった彼女に話かけました。
無謀にも笑いの本場大阪人にお笑い勝負を挑んだのです。
すると「あんた、めっさおもろいで~」と気に入ってくれ、メアド交換。
その後メル友になり、次の出張時に1度だけデート。
キスまでいきましたがセックスはしてません。
というより、切り出せませんでした。
なにわんギャル怖いし。。。
それに、身近な存在ではなかったこともあり、その後疎遠になりました。
今では音信不通です。
どちらかというと私が遊ばれてたのかな??
  1. 2005/04/15(金) 21:55:43|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その8

離婚騒動を教訓に、私は明らかにズル賢くなりました。
所詮、離婚も出来なかった根性ナシです。
今更どんな償いをしようが、その罪が消えることはありません。

かといって開き直るつもりもありませんでした。
私にできる最大限の努力で妻を大切にしました。
生まれてきた我が子には惜しみない愛を注ぎました。
そして、、、、
バレないよう細心の注意を払いながら、セックスの快感を求めたのでした。

【人妻①】1999
4歳下。離婚騒動になった彼女の親友。東京在住で子供は2人。
「自由恋愛の考えを持つ友達」と、彼女からは聞かされてました。
友達だからか、かばいたくなる気持ちは解りますが、男からすれば単に男好きなヤリマンです。
私のちんちんが結構大きい事や、セックスでイクようになったことを彼女から聞かされ、私にかなり興味を持ってたようです。
離婚騒動で彼女と別れ、妻ともヨリを戻した後、忘れた頃に彼女の方からアプローチ。

[妻と彼女には言えない私の歴史 その8]の続きを読む
  1. 2005/04/15(金) 17:09:53|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

妻と彼女には言えない私の歴史 その7

不慣れな私の不手際で、妻に発覚、離婚騒動へと発展しました。

【OL② -後編- 】1997
 ~発覚と別れ~

前々から不審に思った妻が、彼女からもらった手紙を盗み見。
今であればメールなんでしょうが、当時携帯メールは一般的ではなく、彼女の部屋に行くと、よく手紙を貰ってました。
それを保管してたのを盗み見したようです。
その後は一気に離婚騒動に発展。
妻は実家に帰り、お互いの両親まで巻込んで、面倒な事の連続でした。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その7]の続きを読む
  1. 2005/04/15(金) 13:16:50|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

妻と彼女には言えない私の歴史 その6

初めて「イク」という悦びを知った彼女。
「イカせる」悦びを知った私。
2人の頭の中はセックスに占拠されました。

【OL② -中編- 】1997
 ~セックスの虜~

1回イキだすと、私から求めたわけでもなく、快楽を求め自分から腰を振るようになります。
決して上手くはありませんが、恥ずかしくてNGだったフェラやバックもOKになりました。
そして、正上位でも女性上位でも、バックでもイクようになりました。
当然、1回だけではありません。
正上位でイッた次は女性上位でイッて、次はバックでイッて、と、彼女の方が積極的になります。
飲み会の帰りに寄る事が多かっただけに、酔ってイキにくい私は彼女をかなり攻めることができました。
私が1回イクまでに、彼女は数回イキます。
彼女だけイッて私はイカないことも多々ありました。
それでも私は満足でした。
イクときもビクンッからガクガクッと、全身震えるようなイキ方に変わっていきました。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その6]の続きを読む
  1. 2005/04/15(金) 10:04:58|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その5

これからお話しする離婚騒動は、人生で大きな教訓となりました。
人生について最も勉強した時期でもありました。


【OL② -前編- 】1997
 ~出会いから溺れるまで~

4歳下。一見イケイケのガテン系(笑)
私の離婚騒動の張本人です。
妻とギクシャクしてた時期、コンパで知り合いました。
男勝りのガラッパチと歯に衣着せぬモノの言いよう。
意気投合した二次会では、いきなりホッペにキスされました。
その瞬間「あ、このコ俺のこと好きだ」って直感しました。
その予感は見事に当たり。
電話で頻繁に連絡を取り合い、デートもするようになりました。
私は既婚者であることは隠したりしてはいません。
でも、彼女の中で私への思いが大きくなっていったようです。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その5]の続きを読む
  1. 2005/04/14(木) 18:32:10|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その4

結婚後も、私は多くの女性との出会いを求めました。
そして何人かを好きになってしまいました。

【OL①】1995~
9歳下。キャリアウーマン系。
結婚後、とある飲み会で隣席になった団体さんの新入社員でした。
職場の飲み会だったようです。
一番美人だった彼女に酔った勢いで話しかけました。。
私、ナンパは苦手です。
恥ずかしくて出来ません。
でも、酔うと勇気が出ます。
私は洞察力が鋭い方なので、彼女達の職場が実は仲が悪いことにすぐ気付きました。
彼女にそれを何気に突っ込んだら、「すごーい!何で解るの??」って。
それがきっかけで気に入られて、メアド交換し、頻繁にメールをする間柄になりました。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その4]の続きを読む
  1. 2005/04/14(木) 11:15:03|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その3

二股ってほどではありませんが、妻と付き合い出してからも、何かと女性と関わりをもちました。
彼女たちを思い出してみました。。。。

【後輩①】1990
6歳年下。職場の1年後輩。当時はギャル系、今はお局様。
既に本命(現妻)と付き合ってましたが、彼女が俺を気に入ったことをいいことに、妻に隠れてデート&キス程度の間柄でした。
二股と言われるほど二重で付き合ったわけではありませんでした。
でも、彼女的には本命とは別れて欲しかったみたい。
いつも自分の方がイイ女って不満並べてました。
しかし、彼女の性格のキツさが命取りになると思い、彼女にはなびきませんでした。
当時は本命とのセックスが充実してましたから、彼女の人間性を見る余裕があったからだと思います。
でも、可愛いことは可愛かったので、兄貴としての立場をキープしつつ、結婚後もタマにデートしました。
ズルイ男です。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その3]の続きを読む
  1. 2005/04/13(水) 22:25:16|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妻と彼女には言えない私の歴史 その2

お昼に彼女からメールが来ました。
「世界中で一番好き。今までの誰よりも好き」だって。。。
直後に写メも来ました。
アバタもエクボ、可愛いです。ちんちん大きくなっちゃった。。。
私も素直に「写真見てチンチン大きくなっちゃったよ~」って返信。
イイ大人が何やってんでしょう。。。

私は彼女にも妻にも嘘をついています。
射精という快楽のために、2人を裏切っています。
罪深い男です。
2人には申し訳ないとも思います。
でも、彼女が好きと言ってくれるのは嬉しく思います。
妻が優しくしてくれるのはありがたいと思います。
彼女の事は、彼女として、口出しさせてくれる女性として、好きでたまりません。
妻の事も、妻として、母として、中出しさせてくれる女性として好きです。
その気持ちに偽りはありません。

だから、
彼女と一緒の時は彼女に精一杯の愛を注ぎたい。
妻と一緒の時は妻に精一杯の愛を注ぎたい。
それがせめてもの罪滅ぼしだと思っています。

単なる浮気モノが何言ってんだってツッコミも聞こえますが。。。


さて、現妻との出会いと現在です。 [妻と彼女には言えない私の歴史 その2]の続きを読む
  1. 2005/04/12(火) 19:48:39|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

妻と彼女には言えない私の歴史 その1

このブログを始めて、心の中に沸々と湧き上がってきたこと。
それは
「俺って、一体どんな人生を歩んできたんだろう???」
良く考えたら、誰と付き合って、誰を好きになって、誰とエッチして。。。
なんて、真面目に記憶にとどめたことなんてありませんでした。

ここは一つ整理の意味も込めまして、過去の女性を振り返ることにします。
[妻と彼女には言えない私の歴史 その1]の続きを読む
  1. 2005/04/12(火) 01:44:34|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

リバタリアン

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。