FC2ブログ

妻と彼女には言えない事

妻と彼女には言えない本音を綴ります。懺悔の念も込めて。。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フォルダ管理とメモリ管理

新天地では、かなり一人の時間が持てる様になりました。
が、なかなかブログの更新にまで手が回りませんねぇ。。。
ちょっと放置気味になってます^^;
おかげさまで、鍵コメ等も少なくなって、平和な日々を送ってます(笑)



先のコメントで、男女の違いをフォルダ管理とドキュメントファイルの上書きの例えで話された方がおられました。
お~、、、、、
この例えは素晴らしい!

なるほど、確かにその通りです。
そこに私なりの解釈を追補してみます。
ちょっとコンピュータ的な要素も出てきますが。。。。



まず、男性的なフォルダ管理。

まさしくその通りだと思います。
更に詳しく掘り下げるとすれば。。。。

これまで遭遇した女性(SEX有無に限らず)は、ほぼ全てがフォルダに管理されてます。
もちろん、身近な女性に限らず、タレントさん、女優さん、アイドルも全て。
マザコンって呼ばれる人は、”お母さんフォルダ”もあるかもしれません。
そして、そのフォルダは、ツリー構造になってるんですね。
一番上の階層が『容姿』『性格』『女性らしさ』『SEX』etc
その下は更に多岐に亘っています。
例えば『容姿』フォルダであれば『顔は?』『髪型は?』『オッパイは?』『スタイルは?』etc
『SEX』であれば『乱れ方は?』『声は?』『膣は?』『エロさは?』『フェラは?』etc

そして特徴的なのが、各項目について、常に順位をつけてるってところでしょうか。

Aさんは顔は1番だけど、性格は最下位、、、って感じですかね。
仮に、盲目的な恋愛に陥っている人であっても、心のどこかで客観的に順位をつけてるんですね。

そうなると、自ずとランク上位は、タレントさんなんかになるわけです。
女性からしたら、ヴィジュアルやスタイルを女優さんやモデルさんと比較されるわけですから、たまったもんじゃないでしょう(苦笑)
逆に、沢○エリカさんになら性格で勝てるって方も多いと思いますが、、、(笑)


このフォルダ管理、、、、
私はその典型だと思います。

極論を言えば、異性をフォルダ管理できる人は、平気で浮気をできる人間なんだと思います。
しかも、各フォルダをマルチタスクで並行に処理できるんですね。

私のような人間(人種)にとって、恋愛という”ジョブ”は、CPUは1つなんだけど、マルチタスク(コンカレント)で処理するから、常に並行(複数股)で進行できるんだと思います。
妻がありながら、Tさんしかり、Nちゃんしかり。
肌の白さはNちゃんが1番だな、、、
オッパイの大きさはTさんが一番だな、、、
みたいな(笑)

語弊はあるかもしれませんが、並行である以上、世間一般では”浮気”と片付けられる行為でも、本人的にはいたって”本気”なわけです。

この辺りが世の倫理観から外れた部分でもあると思います。(決して開き直ってるわけじゃありません(笑))


では、女性的な上書き管理とは、、、、

私が考えるに、2つのメモリで管理されてるのかなって。。。
1つは、これまでの過去最高の男のデータが入ってる『最高メモリ』
もう1つが、今対応している(恋愛なり仕事なり)男の『現在メモリ』

フォルダ管理と違うのは、常に2つのメモリを比較してるってところです。

比較の重み付けには個人差があります。
”性格””容姿””SEX””経済力”etc
通常は『最高メモリ』が常に優位なんですが、ある日ある時『現在メモリ』の一番重み付けの大きいデータが『最高メモリ』を越えた瞬間。。。。

メモリの上書きが発生します(笑)
つまり、『現在メモリ』のデータ全てが『最高メモリ』のデータとして上書きされるわけですね。
そうなると、全てのデータが過去のデータに比べて最高になるわけです。
と同時に、これまで『最高メモリ』にあったデータは”ごみ箱”に送られる。
場合によってはそのまま削除^^;

このブログで言えば、Kさんがその典型でしょう。
当時は私が『最高メモリ』だったのでしょうが、今となっては”ごみ箱”か削除されているかも(苦笑)


以前から何度も人種には1人を愛する人種と、複数を愛せる人種がいると申してきましたが、その原理はここにあるんでしょうね。
そして、殆どの男性と一部の女性が『フォルダ管理』型で、多くの女性とごく一部の男性が『メモリ管理』型になるわけです。

ちょっと小難しかったですね^^;





  1. 2007/12/28(金) 08:16:01|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:22

男の性欲と女の性欲

歩くのがクソ遅いカップルのひとり

LIBERTARIANです。

よろしく。


さて、、、、

タイトルを変えたのはいいものの。。。

せめてあと2~3回は濃厚なSEXしないとタイトル戻せません^^;
そろそろ妻の生理も終わるはずですから、いい加減中出ししないと。。。(苦笑)

昨夜は、まだお姫様中の妻から抱っこされて寝たわけですね。
不思議なもので、妻ともTさんのときも共通なんですが。。。
私が抱っこされるときは、胸に顔を埋める体勢になります。
が、朝方に私が妻やTさんを抱っこしてるときは、私の胸にではなく首筋に顔を埋めて私にしがみついて抱きつくような体勢になるんですね。
あれってホント不思議です。

話は変わって。。。
とある方からお聞きした話です。

そのお方はW不倫で、旦那様と不仲というわけではないのですが、彼氏さんには旦那様とはレスって事にしているそうです。
彼氏さんがかなりのヤキモチ妬きとの事ですので、恐らく積極的に嘘をついているって訳ではなく、彼氏さんの手前、言うに言えない、、というのが正直なところだと思います。

そんな彼氏さん、、、、
旦那様とSEXしたくならないようにと、その方に玩具を与えたりしてるそうです。

男としてその気持ち、よく解るなぁ。。。
私もKさんに対してそういう感情がありましたもん。
玩具買ったりって事はありませんでしたが、”俺のことを思ってオナニーしろよ”なんて言ってましたし、実際オナニーしてた事もありますから。

こういう関係になると、普段が目の前に居ない分どうしても独占欲や征服欲に支配されたりもします。
当然、嫉妬心もそれなりの大きさになる。
その結果、彼氏さんみたいに、性欲処理のために玩具を使わせようとしたり、オナニーさせようとしたりする。
そういう考えになるのは自然な流れのようにも思えます。

これが逆の立場だとしたら。。。。

女性の方が奥様とのSEXを阻止するために、オナニーさせたり、エロなコンテンツを提供したりって事はアリだと思うんですね。
実際そういうものを提供してる人がいるかどうかは???ですが。。。
例えば、自分たちのハメ撮り画像やエロ写メを送ったりする事で、それをオカズに男の人はオナニーしたりするわけです。

ここで確実に言える事。

オナニーすれば、男の性欲は治まります。これは間違いない。
私のように、オナニーした直後にでも妻とSEXする強者もいますが(笑)

でも、女性の性欲はオナニーじゃ治まるわけじゃないと思うんです。

というのも、根本的に男と女では性欲の種類が違うんだろうなと。。。

だから、女性の性欲処理のために玩具を買うって事自体が根本的に間違いじゃないのかな?って考えたわけです。

男の性欲(快感)には排泄的な欲求を含んでいるのは否めません。
それに対して、女性の性欲(快感)はどうか。。。

愛情を確認する行為としてのSEXの指標的な意味合いがあると思うんですね。

だからこそ、妻のように抱きしめただけでイキそうになったり、Kさんのように絶叫しながらイッたり。。。
あれって、気持ちいいは気持ちいいにしても、肉体的な気持ち良さよりも、精神的な高揚(興奮)がもたらす恩恵に他ならないと思うわけです。

そう考えると、バイブでオナニーすることで、本能的な性欲は鎮まるかもしれない。
でも、肌と肌の触れ合いであるSEXをしたくなくなるって事にはならないんじゃないかなと。。。

そう考えると、妻が夫とSEXしたくなくなるためには、夫を嫌いにならない限り無理なんだろうなって思います。

夫が妻とSEXしたくなくなるためには。。。

一番は外で浮気するのが一番手っ取り早いんでしょうが。。。

私には当てはまらないでしょう(笑)
  1. 2007/11/17(土) 16:09:18|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:20

愛しい人が他の人とSEXしてたら。。。。


うわぁ、、、

ショックだなぁ。。。。

「秋の夜長に」って始まりで、コメントにレスしてたんですが、、、、
何かの拍子にウィンドウが閉じちゃって、全てのレスが消えてしまいました。。。。

という事で、気分も新たに、コメントに書いた事などを、、、


先のコメント欄に「彼氏(不倫相手)が奥さんとSEXしてると思うと、、、」
とあったので、その部分についてコメントした事を含めてまとめて考えてみました。

このブログを訪れる方の多くは不倫経験者(過去形、現在系問わず)が多いわけですね。

そして、表コメ、鍵コメ含めて概ね三派に別れています。

第一は「相手が配偶者とSEXしてる事が許せない(考えたくない)」
第二は「相手が他の人とSEXするのは認めるけど、私を1番と見て欲しい」
そして第三は「相手が家庭(妻/夫/彼氏/彼女)を大切にしてるからこそ好き」

ものの見事に別れてるんじゃないでしょうか。。。

といっても、殆どが第一派ではないかなと。。。。

例えばKさんは第一派。
以前エントリもしましたが、私が妻とSEXしている事実を受け入れたくないので、その事には一切触れないといった事実がありました。

その一方で、Tさんのように「結婚してるんだから、そういうのは当たり前」って考えを持つ人もいます。
それこそ、私が携帯を叩き壊したときなど「仲良くしなきゃダメだよ」と諭してくれたり。。。

もちろん、Tさんが後者かと言うと必ずしもそうだとは思えません。
というのも、彼女自身がそれほどSEXが好きでないというか、SEXを重要視していないからだと思えるからです。
どちらかというとキスの方が好きというくらいですから。
つまり、逆に、私が妻とSEXと言う行為をする事は許せても、キスをする事の方が許しがたいのかもしれません^^;
そういう意味では第一派かな。。。


不倫と言う恋愛である以上、相手の家庭の存在が必ずや見え隠れするはずです。

見える部分もあれば、見えない部分もある。
隠されている部分や、嘘で固められた部分もある。
或いは、隠しても筒抜けの部分や、嘘がバレてる部分もある。

この手の恋愛にはどうしてもつきまとうものなんですよね。。。。

不倫と言う恋愛である以上、相手の家庭を受け入れたり、妻(夫)への愛情を認める事も肝要ではないのかなって思うこともあります。

そう考えると、第二派や第三派が上手くいくのではなかろうかなと。。。

私が偉そうに言える立場でもありませんが、確かにズルい人もいて、「家庭不和」を匂わせたりして相手の気を引こうとする人もいるんでしょう。

Tさんにしても、私がもっと悪魔で「実は家庭が、、、、」なんて事を言えば、期待したかもしれません。
実際「全部捨てて来たとしても受け入れるよ」との言葉もありましたし

でも、、、

「でも、それはできないでしょう?」との質問というより確認の言葉もありましたし。。。

もしかしたら、Tさんが第三派であれば、「実は家庭が、、、」なんて言われたら引いちゃったかもしれませんし。。。

皆さんにもお聞きしたいんですが、、、


やっぱり不倫という恋愛である以上

「相手の家庭が上手く行ってるから好きになれる」
「相手が自分の家庭(妻)を大事に思ってるところが好き」


といった考えであるのが理想的ではないかなって思うんですが。。。

まぁ、、、中には「下手に家庭不和を持ち出して、自分の方に寄りかかられても困る」

だから「相手の家庭は上手く行って欲しい」って考えの人もいるんでしょうけどね^^;



皆さんは何派?

私は、、、、、、


第二派ながら、、、、
実は第一派なんだろうなぁ、、、と思います。。。

  1. 2007/10/15(月) 01:29:30|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:21

心から愛するという事(祝500エントリ記念)

最近、またもやトラックバックスパムが増えた様子なので、久しぶりにアクセス解析などしてみました。

カウンタを見ると、300万超えてるし。
どなたかキリ番踏まれた方がいたら、生リバ写真でも送ったのにな(笑)

それよりも管理人的に嬉しい事が1つ。
前回のエントリの番号を見たら、ちょうど500になってるんですね。
これは嬉しいな~^^
飽き性の私が、500個ものエントリを続けてるなんて。
しかも、4月で2年になるわけですし。
報告できるものなら、妻と彼女に報告して褒めてもらいたいところです。
それは無理なので、自分で自分を褒めよう(笑)


さて、「忘れられない女性っていますか?感謝して、心からありがとうって愛した女性いますか?」とご質問を頂きました。

昔を思い出して答えてみましょう(笑)

心から愛した女性。。。

これはもう「居ません」と言うしかありません^^;

以前エントリで「恋は相手の全てを欲し、愛は全てを捧げる感情」って言った事があるかな?
その考えと同じなんですが、私にとって「心から愛する」の定義って、「この人の為なら死ねる」が基準になります^^;
そう考えると、かつて「この人の為になら死ねる」と思った女性はいません。
ってことは、心から愛した女性は居ないって事になっちゃいます。

これも以前にエントリしましたが、私がそう思えるのは、この世では自分の子供だけです。
「貴方が死ねば子供さんが助かる」なんて状況になれば、迷わず死ねます。(痛いのはイヤだけど)
もちろん、その愛情というのは恋愛感情とは別物なんですけどね。

これって、世の親御さん殆どがそうじゃないのかな。

よく私に対して「お前は本当の愛を知らない」と言う方もおられますが、そういう人達も、結局は私と同じで、恋愛の愛情よりも親子の愛情を選ぶんじゃないかな?と思います。
当然、自分の子供が居ない人であれば、伴侶の為に死ねるって人は多いでしょう。
その人達でも、子供ができれば、子供の方を愛するようになっていく。。。

種の保存の法則(?)から考えると、それが当たり前じゃないかな。。。

逆に、子を持つ親御さんで「どっちかの為に死ね」と言われて、自分の子供より伴侶を選ぶ人は、私とはあきらかに違う人種だなって思えます。

その人のために死ねるかって言う以上、軽々しく「愛してる」って言葉も使えません。
歯の浮くような台詞で恥ずかしい、、、って言うのもあるんですけどね^^;

アイルケの話に戻っちゃいますが。。。

フユカさんって、子供が居ながらにして死と隣り合わせの快感を求めてた節があります。
首を絞められて死にそうになる(メチャメチャになる)ほどの快感を得る、一種のプレイではあったはずなんですが。
それでも、岸谷さん(すいません、主人公の名前覚えてないし)に殺されてもいいって言うのは本心だったんでしょうね。
それを考えると”命を捧げていいくらい心から愛してた”んだろうなって思ったりもします。

一方、”心から感謝している”って意味では、その期間や実績では間違いなく妻が一番です。
というか、妻以外には居ません。
ある意味、”芸人の妻”的なところはありますしね(笑)

夜中の3時に道端に崩れ落ちて寝てる旦那を拾いに来る妻ってなかなかいないでしょうし(苦笑)

KさんやTさんには感謝しています。
凄く心の支え(張り合い)になってくれてるし。
実際、3月に入ってからの出張の辛さも、Tさんとのやり取りがあったこそ乗り切れたっていう気持ちが強いですし。


それと、忘れられない女性については、、、、

多分、このブログには登場してないと思います。
まだ童貞だった高校時代の話ですし。
高校3年間好きだった人とも違う、別の後輩です。
またの機会にエントリですね。
話せば長くなるんで。。。^^;



そういえば、たった今Tさんからメール
昨夜は音沙汰なしで心配した私を他所に、オールで朝帰りの模様。

「二日酔いの治し方教えて。。。」

電話かけると声が死んでました。
危うく”ふにゃ~っ”とした甘ったるい声に騙されるところでした(笑)

「自業自得だ。ぶぁかっ」で一括。。。

ちなみに、二日酔いには鎮痛剤とか寝る事は効果ありません。
吸収が速いイオン系飲料を1リットルくらい大量に摂取して血中アルコール濃度を薄める事が一番早く回復できる最良の手段です。

それを教えてあげると
「さすが達人! 伊達に20年以上お酒漬けじゃないのね」
とおちょくられました(苦笑)


さて、お家へGOですね^^

  1. 2007/03/24(土) 09:03:16|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16

なぜウチでは浮気がバレないのか?

なんと、久しぶりに2日続けてのエントリだし。

実は年末28日~年明け6日まで、怒涛の10日連続酩酊状態の中日って事で、夜中に目が覚めてエントリしてる次第です^^;


”ブログ休むかも”と言った矢先に! とのツッコミはご遠慮ください^^;

先のエントリ、個別にレスしても良かったんですが、画一的なレスになりそうなので、一括して一言。。。

「皆さん私を勘違いしていらっしゃる」

何卒、、、何卒、、、、

今一度「妻と彼女には言えない歴史」のカテゴリをご覧ください。
彼女がいながら三股みたいな事したり、結婚していながら出会い系に走ったり、ヤリ逃げみたいな事したり。。。。

以前のエントリ同様”なんで今更なのかな?”と考えたりもしたのです。

で、考えてみれば、ここでの私って、かなり偶像化されてるきらいがあるんでしょうね。

最初の頃に「婚外恋愛」も「不倫」も所詮は「浮気」に過ぎないと言った記憶があります。
ところがいつの間にかこのブログが「婚外恋愛」化してしまってるんだろうなと。。。

こうなった責任は管理者の私自身にもあると思います。

妻との事、彼女との事を美化したつもりはありませんが、文体的にそういう受け取り方をされる表現だったり。
「素」な気持ちを綴ってみるものの、その「素」な心が「純」であれば支持され、「邪」であれば非難される。
まぁ、こればかりは仕方の無いことかもしれません。

「素」の気持ちを綴ってきたからこそこれまで続けられたんだろうし。


今更ですが、すいません

別に誰に謝ってるってわけでもないんですが^^;



閑話休題

ところで、「浮気」の原点に戻って、、、
ぱせりさん他、よくコメントでいただくのが
「妻は気づいてないのか?気づいてて知らない振りをしてるんじゃないのか?」の話題ですが。。。

なんで妻は私の「浮気」に気づかないのか?
考えてみました。
思いつく具体的な事柄をあげてみます。



「元々女友達が多いという認識がある」

これは私のケースが特殊なのかもしれません。
会社関係や飲み友達をはじめ、妻の友人や後輩も含めて、女性との接触が非常に多いし、妻もその事をよく知っています。
会社の女の子から誕生日プレゼントをもらったり、逆に私の方が贈ったり(妻に見立ててもらったりする事もあります)
例えば、ここ最近のエントリに出てくる女性の皆さんは、全てが妻との日常会話の中での常連さんになってます。
ある意味「女っ気」がアリアリなので、特定の女性との関係が埋もれてしまってるんだと思います。
日常会話に女性を登場させる部分に関しては、自分ではかなり策士だなーと。。。。


「女性に対して疎い(と思わせる)」

これはちょっと違うかもしれないんですが。。。
私は女性のタレントさん(女優さんやグラドル、アイドルetc)にはかなり詳しい”つもり”なんですが、その方達の髪型や服装のイメージがちょっと変わっただけで全然別人と勘違いしたりするんですね^^;
妻もかなり詳しい(ミーハー)な方なんで、「え~!?なんで間違う!?いったい女の人のどこを見てるの?」とよくツッコまれます。
実際女性の友人でも区別がつかなかったりするもんですから、妻からは
「女性に対して無頓着」と言う印象を持たれてるようです。
図らずも、私のデリカシーのない性格が得な部分なんだと思います。



「家族をないがしろにしてない」(裏切る裏切らないは抜きにして)

過去のエントリでは何度も登場しますが、妻には子育ての面では本当に感謝しています。
当然、私が休みの日は率先して子供の面倒を見ます。
母親にとって子育ての負担が軽くなるのはかなりの事なんだろうなって思います。
それと、妻のご両親や自分の両親ともこまめな付き合いをしてたり。
これに関しては、浮気を隠すためではなく、純粋に人付き合いや子供の事が好きなので、自然と実践してる事なんですね。
(子供の事を愛してるなら浮気は止めろ。。。は言いっこなしで)
自ずと、妻的には私への不満が少なくなるので、私としては好都合な事なわけです。


「普段から付き合いが多い」

これはもう過去何度となくエントリしてきました。
とにかく日ごろから飲み会が多いので、週末平日問わず夜に家を空けがちになってます。
だから、深夜、明け方の帰宅も不思議ではないわけです。
それと、友人の数だけ「アリバイ」作りの材料に事欠きません。
また、メールも日常茶飯事(1日数十件)で入ってきますので、誰からのメールであるか紛れてしまうところは大きいと思います。

とりわけ一番大きいのが

「妻が携帯のチェックをしない」

逆に言うと、携帯チェック(メール)をされたらアウトです^^;
以前コメントのレスにも書きましたが、アドレスに関しては何十人も登録されてますので、何ら不思議はないわけですが、さすがにメールはまずい。。。
妻的に「郵便物や個人的なものを覗き見することはやってはいけない事」という認識が強いのも大きいと思います。
ただし、それはあくまでも「不審でない生活」が前提ですので、猜疑心や疑念を持たれないようにすることが最低条件ではあります。

当然ながら「携帯をいじるときはコソコソしない」と言うのもあります。


それと、私的に心がけてることであり、これも効果が大きいんだろうなと思う事がひとつ
(これも浮気がバレないように心がけてるって意味ではなく)


「とにかく妻に甘える」

これは去年からの顕著な傾向なんですが。。。。
特に就寝時の事です。
寝るとき(SEXなしででも)は妻には抱っこされた状態で寝ています。
いわゆる抱き枕状態とでも言うんでしょうか?
足と足を絡ませて、殆ど抱き合った状態です。
いい大人なんですが、妻の胸に顔を埋めた状態だったりして。
手も握り合ってたりして。
溜まってるときは勃起しちゃって困る場合もあります。
妻はもちろん気づいてるようですが、SEXに至らない場合が殆どで、この辺り「男の生理を解ってない」に他ならないとも思うんですけども(苦笑)
あと、普段から膝枕や耳掃除してもらったりとか。

ただし、これは一方的に甘えるだけではなく、たまには私が抱っこしたり、膝枕のかわりにお腹枕させてあげたり。
微妙なバランスがポイントかもしれません。

ブログに関しても妻はネットの世界に疎いので、その線からバレる可能性も皆無だと思います。

最後に忘れてならないのは、妻の「おおざっぱな性格」
これは大きく影響してるというのは間違いありません。

決して私に無頓着と言うわけではなく、「細かいことは気にしない」イイ性格だと思います。


もしこれでも「妻が気づいてる」としたら、、、、、

やっぱりどう考えても気づいてるとは推測がつきません(>_<)


逆に考えると、上記の事と反対の人が浮気をしたら、すぐに浮気ってバレるような気がします。

「元々女友達が少ない」が「女性に対して敏感」な旦那様が「家族をないがしろ」にしがちで「普段は付き合いが少ない」のに「携帯をコソコソいじる」上に「携帯を妻がチェック」した場合。。。。

これはもうバレバレですね^^;



  1. 2007/01/02(火) 03:18:18|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

男性脳と女性脳

先のエントリのコメント欄で”イク””イカない”の話題になりましたので、レスに代えて私なりの考えを書いてみたいと思います。

SEXの上で”射精の快感”というのは、男性にとっては結果でもあり、目的でもあります。
射精する瞬間の”達成感”の満足度って、確かに大きいものです。

でも、女性の場合”イク”というのは結果であっても、男性ほどの重要な目的ではないと思うんですね。
というのも、女性にとってのSEXというのは、よりコミュニケーション色が強いのではないかなと思うからです。

言葉だけではない、身体での会話。

男性から包容(抱擁)される幸福感、オンナとして求められる満足感、、、そんな悦びを感じるための究極の方法だと思うんです。
つまり、それらの”悦びを感じる事=精神的な満足”が女性にとってのSEXの目的だと思うんですね。

先のエントリでちょっと触れましたが、本当はSEXの最中に「綺麗だよ」とか「愛してるよ」なんて事を囁くべきなんでしょうね。
そんな言葉や態度こそが、女性の精神的な満足を導くんだと思います。

そう考えると、女性にとってSEXで”イク””イカない”というのは最重要ではないんじゃかなと。。。
それと同時に、男性にとっても、女性がイケなかったとしても、精神的な満足が得られればそれで十分ではないかとも思います。

たまたま私のエロネタでは、写実的な記述になるので、「何回イッた」とか「どれくらいイッた」なんて表現をしてます。
でも、本当に重要なのは「どれだけ満たされたか?」だと思います。



男は目的と結果が判り易いように”射精(白い液が飛び出す)”します。
それを示すかのように、快感の波は富士山型。

一方、女性は膣の脈動は起こっても、射精は起きない。
(あくまでも潮吹き/=エクスタシーです(一部を除く(笑)))
快感の波は、山脈型。

男女の身体(脳)ってよくできてますよね(笑)

ちなみに、男性の満足感というのは、射精の快感もさる事ながら、女性をどれだけ気持ちよくさせてるか?って部分も重要だったりします。
中には自分の射精のみが目的の人もいますけど^^;
先述の「好き」とか「愛してる」と言われるよりも「気持ちいい」と言われた方に満足感を感じる生き物だと思います。
もちろん、女性にもそういう方は多いとも思いますけど(笑)

SEXの最中「好き」と言われたいのは女性脳、「気持ちいい」と言われたいのは男性脳ってところでしょうか。

あなたは男性脳? 女性脳?
  1. 2006/08/01(火) 02:10:38|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:25

妻と彼女は飯と酒

先日、一般論として、あるお題を頂きました。

「浮気相手というのは、伴侶と同じタイプか否か?」

まず大前提として、なんで浮気するのか?? を考えてみると、一般的によく例えられるのが、

”ステーキばかりだと食べ飽きるので、たまにはお茶漬けを食べたくなる”とか

”伴侶は主食で愛人はおかずやデザート”

の言葉ですよね。

これ、、、、以前にエントリしたかもしれませんが、、、、、
私に関して言えば、”お酒”に例えるのが最適なんだろうなぁ。。。と常々思っています。
ビールも日本酒も焼酎もワインも、ありとあらゆるお酒は全く違う味がするんですね。
どれにも甲乙つけがたい魅力がある。
究極的には「酔うのが気持ちいい」という結論になるんですが、それは恋愛で言うところのSEXの快感や、精神的な満足感だと思います。
私の場合、どの種類のお酒でも酔えるって事を考えると、どのタイプの女性でも好きになったり満足できたりするんだと思います。

まさに、来る者は拒まずってところでしょうか(笑)

異性全般をお酒に例えてみましたが、妻と彼女に関して言うと、当然違うお酒にはなります。

更に踏み込んで、”お酒とご飯”という概念で括ってみると伴侶はご飯で愛人はお酒になるのかな?

ただし、一般の人の感覚と違うのは、私にとってお酒というのは嗜好品ではなくて、ほぼ主食であるというところ(笑)
ご飯だけ食べることは、ほぼありえないわけです。
ご飯は酒の肴的要素が大きく、かといってお酒だけでもダメ。
お酒があるからこそ、ご飯が美味しくなる。
ご飯があるからこそ、お酒が美味しくなる。
お酒とご飯があって初めて成り立ってるなんて、甚だ贅沢な造りですね^^;


それを踏まえて、浮気相手が伴侶と同じタイプかどうか??を考えると、答えは”NO”になるのかな、、、と思います。

例えば独身者の場合なんかだと、今付き合ってる人は、昔付き合ってた人と同じタイプ、、、、
なんていうことも多いと思います。
いわゆる好きなタイプって奴ですよね。
が、二股であったり、浮気であったりとなると、今付き合ってる人と同じタイプを選ぶ必要はないんじゃないのかな?
と思うわけです。

ご飯食べて、更にご飯は要らないだろう。。。。と(笑)

おのずと、”違う=日常では味わえない”タイプを求めるのかもしれません。

SEXの違いは当然の事でしょう。
それこそ、日々のSEXが不満で、浮気に走る方々も大勢いますし。
あるいは、”追う恋愛”か”追われる恋愛”かの違いもあるでしょうし。。。
”頼られたい””頼りたい””甘えたい””甘えられたい”etc あげたらキリがないですね^^;

で、現実的に今の私の場合に照らし合わせると、妻も彼女も基本的な性格は似てるんですよね。。。
堅物的なまじめなところとか。
SEXに関しては、今でこそ彼女は絶叫してイキますが、妻と同じで、基本的にSEXしなくても生きていけるタイプですし。

自分で”違うタイプを好きになる”なんて言いながら、実際はそうじゃないところが、人間の悲哀を感じます(笑)
というか、妻や彼女には申し訳ないけど、基本的に誰でも良かったのかもしれません。

これこそ妻と彼女には言えない事ですね(苦笑)

ただ、男の願望的には、黒木瞳さんみたいなシットリした女性と付き合いながらも、エビちゃんみたいな旬な女性とも付き合いたいな~と言うのはあります(笑)
身分相応な生活を心がけてますので、それはありえませんが。。。

まぁ、エビちゃんがこのブログの読者で、「遠距離ですがお願いします」と言われたら即決ですけどね(笑)
  1. 2006/05/25(木) 12:53:09|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:20

セックスレスを考えた

コメントのレスを書いてて気が付いた事。。。

女性という生き物は、出会った時も、結婚してからも、子供を生んでからも、”オンナ”であり続けたいと願うものなんですよね。
本来は、、、ですけど(笑)

オンナであり続けたい = オンナとして見て欲しい


それに対して男性は、、、


出会った頃は誰しもが”オトコ”なはずです。
ところが、結婚したら、”オトコ”である必要がなくなる(と思い込んでいる)
自ずと、妻を”オンナ”で見る必要がなくなる(と思い込んでいる)
そういった傾向があるのではないかと。。。

オンナであり続けたい以上、オンナとして見てあげさえすれば、いつまでもオンナであり続ける。。。。
自分からオンナを捨てる女性は居ないはずなんですよね。

この事について、男と女を入れ替えて考えてみたいんですが。。。

男はオトコであり続けたいのに、オトコとして見てくれないから、オトコじゃなくなる。。。

あれ? そうかな?

女性は本来、男をオトコとしてみていたい生き物なんですよね。
それを考えると、これは成り立たないなぁ。。。


どう考えても、
女はオンナであり続けたいのに、オンナとして見てくれないから、オンナじゃなくなる。。。

これですよ。

と言うことは、やっぱり男の方が鍵を握ってるなぁ、、、、と思った訳です。


で、結論。。。

セックスレスを望まない皆さん。。。
いつまで経っても、男は女をオンナとして、女は男をオトコとしてみてあげましょう。

レスを望まなければ見れるんじゃないのかな。。。
見たくないとか、もう見れないは言いっこなしで。。
相手がが見てくれないから、自分もみれない、、、と言うのも言いっこなしで。
レスを望むのであれば、言いっこありって事で(笑)

自分が見れば、相手も見てくれる、、、はず。。。。
見てくれる、、、かな?
見てくれる、、、かもしれない。。。

でも、、、
よくよく考えたら、レスを望まない人って、そもそも、相手のことをオトコ(オンナ)としてみてるんですよね。。。。
だからレスで悩んでるわけで。。。

やっぱ難しい問題なんだなぁ。。。

男とオトコと女とオンナが乱れ飛んで読みにくくなっちゃいましたね(苦笑)



4月から、職場が変わる事になりました。
といっても、仕事が変わるわけじゃなく、仕事場所が変わるだけ。
ところが、ネットがつなげない環境なんですよね。。。
場所の雰囲気もあんまりよくないし。。。

エントリもろくろくアップする事もできなくなると思われ。。。

ブログ初めてもうすぐ1年か。。。
こうなれば、”もう止めちゃおうかな。。。。”と思ったりもします。
でも、”意地でも続けてやるっ”と思う自分もいます(笑)

今、珍しく妻がコタツで寝ています。
起こうそうかな、、、起こすまいかなと迷っています。

セックスレスの悩みにすると、あまりにも小さな悩みですね。。。
  1. 2006/02/12(日) 01:48:29|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:29

女の浮気は男が悪い

ここ数日に限らず、たまに

「あなたの妻が浮気したら、あなたはどうしますか?」

って質問を頂きます。
これまで、何度となく答えて来たつもりなんですが、なかなか私の考えが浸透してないみたいなので、改めてエントリとして上げてみたいと思います。


以前、ある方からの質問に対しての私のレスです。

--------------------------------------------------------
>リバツマが浮気した場合。。。。
>私は怒りません。というか、怒れません。
>仮に私が不倫をしてなかったとしてもです。
>もし、浮気現場を目撃したら。。。。
>見なかったことにして、その場を逃げると思います。
>小心者なので。。。
>でも、リバツマを問いただすことはできない。。。
>リバツマが私にこれまでと変わらず私と子供に
>接してくれるのであれば、文句は言いません。
>私は「男が浮気されるのは、された側に甲斐性がないから」
>という考えを持っています。
>女性と言うのは基本的に「1人の男しか愛せない」人が多いはずです。
>少なくともリバツマもそういう人です。
>そういう人の心を占有できなかった時点で、その男(私)の
>甲斐性が無いからだと思うんですね。
>ちなみに男が浮気をすることについては「妻に甲斐性がないから」
>と言うのは成り立たないという考えです。
>自分で言うのも変ですが、女の浮気はほぼ10割が男が悪い。
>男の浮気は7割が男が悪いと思ってます。
---------------------------------------------------------

今考えても、これが全てです。

自分が浮気をしている云々とは全く関係なく、浮気をした妻の事を責めるって事はできません。
女の浮気は男が悪いって思ってますから。

女性って、”満たされていれば浮気はしない”人が殆どじゃないかなって思うんですね。
中には、満たされているにも関わらず、更なる”愛”を求めてる人もいるとは思います。
例えば、ここ最近のブログブームや出会い系、チャットなどで「不倫急増」とか「主婦の不倫」等がこぞって採り上げられてる傾向も実際にはあるだろうし、絶対数も間違いなく増えている傾向にはあると思います。
がしかし、それを加味したとしても、基本的に女性は”1人の男の人だけを愛する”生き物なんだろうなって思うんですよ。

相手の人が、イケメンじゃなくても、大金持ちじゃなくても、精神的に、肉体的に満足さえさせてくれるのであれば、自ら進んで浮気はしないんじゃないかなと。。。
要は「男の甲斐性があるかないか」だと思うんですよね。

となると私の結論は1つ。



「女の浮気は男のせい」



ただし、男(彼氏・夫)に甲斐性がないから浮気していいのか? という問題はちょっと置いといてください。
決して「浮気をしたのは男のせいであって、自分は悪くない」と責任転嫁はできないでしょうし。。。

よく男の人の中には「男の浮気はいいが、女の浮気はダメ」みたいな事を言う人がいますが、その論理も理解できないなぁ。。。
そういう人に限って、浮気されたら”自分の甲斐性の無さ”を棚に上げたりするんだろうなぁ、、と思います。


もし妻が浮気をしてて、それが発覚したとするじゃないですか。

仮に妻が相手の人と散々SEXしてて、私じゃ1回しかイカないのに、実は何回もイカされてるとか、、、
騎乗位の時の腰の振り方が私の時よりもエロいとか、、、
イク時は悲鳴のような声を挙げてるとかって事実があったりすると。。

怒ったりすることはなく、とことん凹むと思うんですね。
「男」として思いっきり凹みます^^;
これはもう、「オス」として完敗って事ですから。。。

相手がお金持ちだとか、ジャニーズばりのイケメンだとした場合も「あらら、そりゃ勝ち目はないですなぁ。。。」ってなるかもれません。

不思議と「自分を裏切った」とか「許せない」って気持ちにはならないんですよね。(実際にこの状況になったわけじゃないので、断言はできませんが。。。)
この辺りって言うのは、もしかしたら「男女の差」による感情の違いかもしれません。

これまで通り、家族の面倒を見てくれて優しくしてくれるのであれば、文句は言えないし、言わないだろうと思います。

ただし、SEXの時は、「負け犬」のようなSEXになってしまうかも。。。^^;
あと、嫌われないように、ゴキゲン取りするかもしれないですね。

こういう考え、もしかしたら私だけの特性かもしれないです。。。
普通の人だったら烈火のごとく怒るのかな。。。?

浮気された男が怒る事くらい格好悪い様もないと思うんですけどね。。。
  1. 2005/12/13(火) 01:25:32|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:48

男と女の温度差

今日はバタバタで、レスができないかもしれません。
晩秋さんから、素晴らしいお題を頂きましたので、思うことをレス代わりに。。。
ごめんなさい。。。。

男女間の温度差。。。。。

これがまた、大きいんですよねぇ。。。
特に、付き合いだしてからは。。。。
普通の恋愛にも、不倫にも関係なくってところでしょうか。


一旦付き合いだすと、女の人って、どんどん相手を好きになっていくよなって思います。

決して彼氏が理想的な人でなかったとしても、その彼氏を理想の人として見ていこうとする。
そうするうちに、彼氏そのものが理想の「男」になっていくって感じでしょうか。。。
その中には愛情が大きく占めるでしょうが、当然「情」も沸いてくる。
その上に、女性自身も相手の「理想」になろうと一生懸命努力してくれるような気がします。

妻もそうだし、彼女もそうです。恐らく殆どの女性がそうじゃないかな。。。


それに対して男は、、、、、

そうとも限らないんですよね。
もちろん「情」は生まれます。
でも、いつでも「心のどこかに」理想の女性像みたいなのを持ってるように思えます。
年齢を重ねるごとに、若干の変遷はあったでしょうが、私自身もそうかなって思います。。。。

それは結婚前だろうが結婚後だろううが変わらず。 多分、死ぬまで。。。(笑)

そして、女性と違うのが、彼女を「理想」として見るのではなく「理想に近づく」ように働きかけようとする。
そこが男の感覚じゃないのかなって思います。

SEXでの「調教」とか「開発」って言うのは、その典型的な例だと思います(笑)

で、自分自身は彼女の「理想」になるつもりはあるけれど、あくまでも「自分自身」は変えないってスタンス。
女性みたいに「自分を押し殺してまでも相手を心遣う」って気持ちが少ないかもしれません。


よく言われる例です。
街中で目の前からカップルが歩いて来るとするじゃないですか。
貴方は男女どちらを見ますか?って質問がありますよね。

男は、、、、、ほぼ100%、女性を見ます。
そして、自分の相方と比べて「勝った、負けた」を判断します。
これ、間違いありません(笑)

で、女性は、、、、、
私もいろんな人から話を聞いてビックリしたんですが、ほぼ全員が
「女の人を見る」、、、らしいですね。

純粋な「ファッションチェック」的な意味合いもあるだろうし、それこそ自分と比べて「勝った負けた」って部分もあるだろうし。

男は”自分の理想と”比べる。。。。
女は”自分が理想か”比べる。。。。

恋愛関係にある男と女、、、根本的に視点が違うような気がします。

視点が違えば、自ずと温度差が生まれて来るんだろうなぁ。。。。
  1. 2005/11/22(火) 08:07:56|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:46

男にとっての記念日、女にとっての記念日

昨日のコメント欄、なおたんとのやり取りでエントリする気になったお題。
というか、いつかエントリしたかった事です。。


いろんな記念日に対する男と女の感覚の違い。。。


これを考えると、男と女の決定的な違いが浮き彫りになるんだろうなって思います。

多くの(殆ど)の女性がクリスマス、バレンタインデーといったイベント事や、誕生日、結婚記念日といった記念日を大切にしますよね。
それどころか、初めてデートした日とか、初めてエッチした日なんていうのも記憶にとどめて「記念日化」している方も多いと思います。

彼女もそうです。。。

で、男の方は、、、、、、

結果はいわずもがな。。。。

この手のイベント事をおざなりにしている場合が非常に多い。
「すっかり忘れてた」
「覚えてたけど、何か?」
「興味ない」。。。

仮にマメにイベント事に熱心な男もいるかもしれません。
が、それは女性が考えるところの「記念日を大切に思う」気持ちからではない場合が殆どなんですね。

「彼女(妻)を喜ばせる為、&文句を言われない為に努めて祝う」

といった義務的な傾向が強いんです。

つまり、正直言って、、、、

男にとって「記念日」ってどうでもいいことなんですよね。。。

世の女性の皆さん、、、ごめんなさい。。。
妻よ、彼女よ、ごめんなさい。。。

決して全ての男がそうとは言いません。
あくまでも私見です。。。
といいつつ、コレ読んでる男の人の殆どが3回くらい大きく頷いてると思います(笑)


典型的な例で考えると。。。

例えば、クリスチャンでもない、とあるカップルのクリスマスディナー。
彼女は「ロマンチックな夜を彼氏と一緒に過ごしたい」と思うことでしょう。
その心の奥底には「彼氏のエスコートで、素敵な夜にして欲しい」という部分もあると思います。
その節目とするためには何らかの理由付けが欲しい。
そこに「クリスマス」という格好の「材料」がある。

一方彼は、「素敵な夜を過ごしたい」とか「ロマンチックになりたい」なんて心理はほぼ皆無で、、、
「素敵な夜を演出して彼女を喜ばせる」事が大前提。
更にその先には「エロに持ち込みたい」なんて下心もあるとは思います。
中には私みたいに「ご馳走が食えてラッキー」レベルの人間も多いと思います^^;


記念日に対する思い、、、男と女じゃ全然違うんですよねぇ。。。


私の場合、、、、
誕生日、結婚記念日、クリスマスには、自分の小遣いから妻&子供にディナーやプレゼントを贈ったりもします。
当然彼女に対しても、極力同様に接します。
でもそれって、「記念日」だからではなく「妻や彼女が記念日と考えてるから」なんですね。

この辺り「男」は現実を見て、「女」は理想を見て生きてるって事になるんだろうなぁ。。。

  1. 2005/11/02(水) 09:09:44|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:37

全国のブロガーさんへ

付き合いだして初めて、彼女からメール放置。
終日子供達を連れて遊びに行くとは聞いてました。
いつもは必ず途中で報告くれます。
午前中は、おかしいなと思ってましたが、夜まで一切なしって事を考えると。。。

案の定携帯を忘れたらしく、夜になって怒涛の報告メール^^;
幸か不幸か私も終日殆ど一言二言のメールしか打てなかったので幸いでした。
しかも、相変わらず酒飲んで床寝で、こんな時間に起きだすし。。。

ここ数日のやり取り後、私の事が恋しくて「珍しく自分でしたくなって、イッた」って報告もありました。

ここまでくれば、大丈夫かな。。。。
少しは一安心かな。。。

リバツマは女の子週間突入。。。
どおりで、不機嫌ってわけじゃないけど、昨夜もとっとと寝てたわけだ。
って事は、やっぱりデキてないんだ。。。

先はまだまだ長いな、、、、あと何年もってわけにはいかないけど。。。


さて、とあるブロガーの方から、鍵コメで質問というか「ご意見頂戴」がありました。
「他のブロガーの参考にもなるだろうから、できればローカルでなくエントリにしてもらいたい」
とありましたので、せっかくですので。。。


①なんで全部にレスするんですか?

 これはですね、、、、性格です^^;
 私からしたら複数の方のコメントになりますが、コメントした方からしたら
 「1対1」の場合が多いと思うんですよね。
 そうなれば、やっぱり「会話」として答えたい気持ちはあります。
 それが全体でみると「多対1」に見えるかもしれませんが、少なくともココ
 に関しては、「1対多」や「多対多」の場合もあります。
 だからこそ、コメント欄が面白いんだと思います。
 もちろん、できないときはしませんよ。放置です(笑)
 でも、これはあくまでも私のやり方であって、これが正しいとは限りません。
 実際先日、多く批判(罵倒)コメントでは、私と同じ立場の方々が萎縮してし
 まって、表では書けなくなったって事態が起こりました。かつ、その人達が
 かなり傷ついたって事実もあります。
 打たれ強い私には平気でも、そうでない人もいます。
 そういう「悪口的な負のパワー」で気分が悪くなる人もいたと思います。
 管理人権限で消すのは簡単ですが、それはしたくないって部分はあります。
 そういう点は、ジレンマとしていつも抱えています。
 


②BLOGを書いたり、レスする事自体が負担になりませんか?(時間、精神的に)

 時間がかかるって点は正直言ってあります。
 ただ、これが重荷になるようであれば、BLOGを書いてる意味がなくなるので
 そうならないように、マイペースを心がけてます。
 レスできないときは放置もするし、エントリを抜かす事もあります。たまた
 まネタがあるので、いろいろと書いてますが、ネタがないときは、書き溜め
 たネタとかを出せるイイ機会だと思ってます。 
 それと、根本的な事ですが、、、、
 BLOGって、私の生活の一部にはなってますが、BLOGが私の生活の中で占める
 割合は、ほんのわずかです。
 エントリやレスの量で、相当な時間を費やしてると思われてるようですが、
 全部、何かの合間だし、今みたいに夜更かししてるときの時間つぶしだった
 りします。
 実際、このBLOGの性格上書いて無い事もありますが、プライベートの私、
 もっと忙しいです(苦笑)



③身近な人間を「さらす」ってやっぱりいけない事なんでしょうか?

 *その方は家族のアットホームネタを綴られてます

 これはね、、、難しい問題です。特にこういうイタいBLOGで、妻や彼女の事
 をさらすというのは、それこそ批判の対象になると思います。
 が、どんなに仲睦まじい夫婦の事や、家族、子供の事であっても、本人の許
 可を得てないんであれば、その時点で私がやってる事と同じになると思いま
 す。その事は肝に銘じて置いてください。
 本人の許可無しでプライベートを公開する事自体が「裏切り行為」だと思い
 ます。
 ただ、家族や恋愛をテーマに選んだ以上は、自分だけの事を書いても成り立
 ちませんよね。
 もし、気が咎める様であれば、ご家族の許可を得る事をお勧めします。
 ただし、トレードオフとして、BLOGの中では毒を吐いたり、言えない事が出
 て来ると思います。そうなったとき、そのBLOGの魅力が失われるような気も
 します。
 仲間に誘うようで申し訳ないですが、本当の言葉で綴りたいのであれば、ご
 家族には内緒になさった方がいいんじゃないかなって思います。
 そもそも、アットホームネタで「家族をさらし者にして恥ずかしくないのか」
 なんて、文句は来ませんよ^^

とうわけで、こんな答えでよかったでしょうか?


と言いながら、まだ連休中って事で、そんな事言ってる矢先に明日も放置です(苦笑)

  1. 2005/09/24(土) 03:42:49|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:18

男女間の友情

昨日のコメントでのやりとり、私の中では「議論」として位置づけてますが、「荒れた」感じに受け止めた方、ごめんなさい。

昨日は、妻の手料理が7種類!
普段は手料理1~3種+居酒屋的惣菜(冷奴、もろきゅうetc)ってところです。
が、材料の日持ちもからんで、一気に調理したそうで、まるで「太れ」とでも言わんばかりの量。。。
ビールとカンチューハイでは全然足りず、芋焼酎ロックに切り替えた後、そのままダウン。。。

しかも、昨日は終日ネットに繋げる環境でなかったため、ココ同様、朝から夕方まで彼女も放置。
事前に「ごめん、今日一日メールできないから」と入れてはいましたので、「私もPCつけずに頑張ります」と返事はくれたものの、寂しかったろうな。。。

今携帯を見たら、彼女からは夕方まで4通のみ。珍しい事です。

しかも、床で寝て3時ごろ起きたら更に4通。
「もう寝ちゃった?」
「寂しいよ。。。」

。。。。。ごめん。。。。これしか言えない。。。

なんとかして、お酒飲んでも寝ない方法ないのかな。。。。

酒を控えようとか、止めようと考えない所がすでに危ないかも。。。

ちょっと反省中。。。


さて、男と女の永遠のテーマ「男女間の友情」について。。。。
(こじゅさんありがとうございます)
今までなんとなく考えてた事ですが、改めて考えたいと思います。

そもそも「友情」とは?

「損得抜きでその人の為に動ける、かつその人の助けになりたいと思う心と、それによって生まれる絆」

かなと思います。

その相手は、性別、年齢関係なく、自分となんらかの共通点や共鳴する「同士」的部分がある人であれば、成り立つのかな。
同級生だったり、近所だったり、部活だったり、趣味だったり、同じ立場や状況の人だったり。

で、この心や絆が、家族や親族、自分より弱い立場の人、恋愛的に好きな人であれば、形は違うけれど「愛情」になる。

では、これを男女間に限定して考えてみるとどうか?

SEXに対しての考え方で、ちょっと捉え方が変わってくるのかな?って思います。

いわゆる「セフレ」みたいにスポーツ感覚でSEXを共用する男女間や、そういう考えの人であれば「男女間友情」と言うのは成り立つと思います。
SEXという快楽を追求する「同士」という意味もあるだろうし。

一方、相手に対して、愛情の表現としてSEXを捉えてる人の場合は、やっぱり「友情」ではなく「愛情」になるんだろうなって思います。

この部分、男女間でも意識の差があるんじゃないのかな。
女性って、男性に対するにあたって、性的な部分で捉える事って少ないと思うんですね。
「セフレ」とはまた違った意味で、SEXを超越した存在としての異性として捉えてる部分ですね。
逆に男性は、女性に対して、最初から性的な部分を捉える傾向が強い。
これも「セフレ」ともちょっと違う「SEXの対象」みたいな。

だからよくあるのが、女性側は、愛とか恋とかの感情は持ってないのに、男性の方は異性として意識してた~みたいな話。。。。
他にも、例えば別れた恋人同士なんかだと、SEXを超越した関係になれたりして、友情が成り立ったりもするんでしょうね。、

と言うことで結論(笑)

「お互いが、愛情の表現としてのSEXを意識しない関係であれば男女間でも友情は成り立つ!」

う~ん、、、哲学的で難しい。。。

私はどうか。。。

例えば彼女に対して、、、
当然、男女間の恋愛としては愛情が成り立ってますが、「親」の立場となると、SEXは関係なくなりますから「友情(パパ友、ママ友)」という気持ちがあります。

他の女の子に対して、、、
SEX抜きの関係ですから、「友情」は成り立ってます。「同士」的な人ってことで。
が、ここでSEXが入ってたら、、、、
私はSEXを愛情の表現として捉えてるので、その時点で「愛情」に変わるんだろうなって思います。

まぁ、この辺りの考えっていうのも人それぞれなんでしょうね。
  1. 2005/09/10(土) 06:39:41|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:41

BLOG本来の役割

今日は夕方家にたどり着き、安心したためか夕食直後に爆睡。
夜になって眼が覚めました。こりゃ眠れないです。。。

と言うことで、コメント欄に関して。。。。

私の場合、基本的に「来る者は拒まず、去る者は追わず」と言うスタンスです。
たまに、業者さんらしきアクセス稼ぎのコメントやTBがあったりする場合は、削除したりする事もありますが、個人攻撃や公序良俗に反しない限り、削除するするつもりはありません。
それどころか、エントリに関係しないコメントでも、それがヒントになって、次のエントリに繋がっているという事実がある事も、既にお話したかと思います。

ただ、せっかくのいい機会なので、今後の事も踏まえて考える上で皆さんにも理解していただきたい事が一つ。

BLOG本来の使い方について。。。。

「ブロガー」がある「テーマ」に基づいて、「エントリ」と言う形で「記事」を掲載する。
閲覧者はその「エントリ」を読んで思った事、「テーマ」について、自分の意見を「コメント欄」で発表&議論する。
また他のブロガーがその「テーマ」や「エントリ」に触発されて、関連した記事を「エントリ」する際に「トラックバック」という、blog特有の機能を有効活用する。

これが本来のBLOGの姿なんです。

そう考えると、自分で言うのも何ですが、私のように「日々の出来事を綴る日記」をBLOGにする使い方というのは、本来のBLOGとはちょっと外れた使い方なんですね。
ただ、「カレンダー」や「月別」「カテゴリ別」といった、「日記」的に見やすいフォーマットであるがゆえに、私のような使い方が大流行している節もあります。
そして、「BLOG」という文化、、、、まだまだ未成熟なんですね。
トラックバック機能をアクセス稼ぎに悪用される場合もあるし、今回のように「コメント欄」が「掲示板やチャットルーム」的になったりもする。
多くのBLOGを見てて、アクセス数の割にはコメントが殆どなかったり、アフィリエイトだらけのを見ると「イタいなぁ。。」と思う事も多々あります。
BLOG本来の使い方がなされてないなぁと。。。

実際、私も「エントリ」がただの「報告」や「記録」にならないよう気をつけてはいますが、ともすれば、ただの愚痴や意味のない文章にもなりがちです。
そこは今後も意識しながら綴って行きたいと思います。

例えは悪いかもしれませんが、「ハチロクショック」の時みたいに、1つのテーマについて個々の意見、価値観、倫理観がぶつかりあうのが理想的な形ではないかな?って思います。
あの時は私が蒔いた種とはいえ、喧々諤々になりながらも、批判意見、擁護意見を述べた方も含めて「1つのテーマを掘り下げる」という意味では、一体感がありましたよね?

いずれにしても、コメント欄は「ツマカノ」と「リバタリアン」にとっては大きな財産です。

ともすれば「不倫」としてイタいBLOGなので、「BLOG」本体としてはイタくならないよう、せっかくなので、管理人特権として、ルールを決めさせてください。

①エントリとは違ったコメントでも構わない
 →新たなテーマが生まれれば結果オーライ

②横レスOK
 →いろんな意見が聞きたいですし

③一人何回でもコメント可
 →ただし批判は1回まで(苦笑)

④誹謗中傷、罵倒はリバタリアンに対してのみ可
 →もう慣れてますから

⑤チャット的な使い方はしない
 →ついていけない人もでてきますから

⑥鍵コメの時はメアドを残す。
 →たまに質問があるのに返事できない場合があります

⑦表にメアド、URLを残すときには十分注意する
 →アダルト系の餌食になる恐れがあります

⑧読み逃げはしない
 →恥ずかしがらなくてもいいんだよ

という事で、ここはひとつ、転んでもタダでは起きないようにしましょう^^



では、管理人からリバタリアンに戻ります(笑)

今日は、空港まで彼女が迎えに来てくれる予定でした。
が、結局断りました。
というのも、今、選挙戦中ですよね。
彼女の旦那様、現在選挙運動に駆り出されてるそうで、告示日以来、早朝から深夜までかなり大変なんだそうです。
私が出張に行ってる3日間も朝の5時から夜の12時まで。。。
その話を聞いたとき「後ろめたさ」とはちょっと違う「戦う男」に対しての畏敬の念が生まれました。
せめて、選挙が終わるまでは、彼女には妻として旦那様をしっかりサポートしてもらいたく思ったのでした。
彼女にもその気持ちを話すと快く了承してくれました。
前だったら、「それでも逢いたい」と言われたかもしれません。
大分変わったなぁ。。。

結局、彼女にもお土産買ってますが、暫くはお預け。

妻と子供はお土産を喜んでくれました。
妻に、東京では刺身を食べられなかったので「刺身食いて~」と言ったら、雨の中魚屋さんまで買いに行ってくれました。
前は「今日刺身買ってないよ。 雨だから買いに行きたくないよ」だったもんな
大分変わったなぁ。。。。
  1. 2005/09/06(火) 03:14:50|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:56

人種の違い

今日は急な飲み会でした。

突然な飲み会でしたが、妻は「あんまり飲み過ぎないように」と言うだけで、快く飲み会に行かせてくれました。

帰ってきて、妻も子供も寝入ってます。

いま、一人でボーっとしてます。

携帯のカレンダーを何気に見ると、妻とは二週間ご無沙汰。
これが長いのか短いのかは個人差もありますし、今の私自身が性欲旺盛週間ではないので、決して不満とか、どうしても妻とヤりたいって心境じゃありません。
その間、彼女にもいっぱい出してもらったし。
ただ、確実に言える事は、、、

「このままレスになっても、妻の性欲的には不満もないんだろうな」

って事です。

妻は元々性欲旺盛な方ではありません。
極端な話、死ぬまでSEXしなくても平気な人。
エロいフェラや腰使いは天性のものでしょうが、決して能動的な性欲ではありません。
あくまでも受動的な性欲です。

やっぱり俺とは人種が違う。。。。

いつも頭の中で思いをめぐらせている事です。

以前のエントリで「男からすると、エッチな彼女よりも自分の彼女がエッチになっていく方がよい」
とコメントした記憶があります。これって、私に当てはめて考えると

「元々エッチな女性を彼女にして、その彼女がもっと淫乱になるのが理想」

だろうなって思います。(まぁ、私に限った事じゃないでしょうが)

毎朝でも毎晩でも「したいしたい」って言うような女の子。
一歩間違えばタダの淫乱ですが、私にだけそうあってくれるというのであれば、そんな淫乱は十分アリだったんでしょうね。

それじゃ、「私がいっぱい出してあげる」なんて言ってくれる彼女はどうなのか?
彼女も今でこそエロい部分が育って来てくれましたが、根本的には元々エッチな人ではないと思います。
そう考えると、彼女も妻と同じく私とは「別の人種」なのかなって感じます。

これまで例外を除いては、女性に対して身勝手な、自分がイクだけのSEXをした覚えはありません。
「妻と彼女には言えない歴史」もそうだったし、妻や彼女に対しても。
自分はイケなくても、相手にイッてもらうようにしてたつもりです。

でも、その部分をどう贔屓目に見ても、結局は自分の伴侶として選んだ人を思うような理想の女性にできなかった事、そして、そういうエッチな女性を見つけられなかった事を考えると、根本的に私の負けなんだろうなぁ。。。

これは、決して妻が悪いとかって言ってる訳じゃありません。
私の努力不足もあるだろうし、根本的な「人種の違い」もあるだろうし。

人種の違い、、、、

いろんな人に感じます。
自分の子供を虐待するとか女性に暴力を振るうとか、、、
自分的に絶対にアリエナイ事ができる人。
そういう人を見ると、怒りや驚きとは別の次元で「ああ、この人とは人種が違う。。。」って感じます。

SEXしなくても全然平気な妻や、元はそこまで淫乱ではないであろう彼女に対して、少なくとも性欲的な部分では「人種の違い」を感じてるというのが正直なところです。

これって、男の私が感じる部分もあるけど、女性の方でも感じるんだろうな....
自分よりも淡白な男性や、逆に自分には濃いすぎる男性に対しての「異人種感」

今週は飲み会連荘です。
全部はむりでしょうが、彼女は喜んでお迎えしてくれるようです。
多分、私が酔いすぎてない限り、いっぱい気持ちよくしてくれると思います。
性欲的には十分満足させてくれると思います。
だから、妻と無理にヤらなくても大丈夫。

という事で、ここはひとつ、、、、

暫く妻とヤらないで、妻がどう出るのか見てみようかな???

なんて事も考えましたが、その結果を知ったところで、妻が私と同じ人種になるわけでもなさそうだし^^;
ここは早いうちに妻にも出してもらうようにしようかな。。。。

よし、エロモード復活!

って、妻はとっくに寝てるし。。。。
  1. 2005/08/18(木) 01:18:30|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:55

親に心を傷つけられた子供

怒られるかもしれませんが、普段はお気楽に不倫生活を綴っていたりします。
が、たまにはシリアスに物事を考える事もあります。

このエントリ、自分で書いててもかなり辛いものがありました。
恋愛とも関係ない話なので、エントリを躊躇ってしまいますが、ネガティブな話ながらも「妻と彼女へは言えない事」には変わりないので、あえて掲載することとしました。
私という人間だという事を知っていただく上でも。。。

18禁ではありませんが、読みたくない方もおられるかもしれませんので追記にします。

[親に心を傷つけられた子供]の続きを読む
  1. 2005/08/11(木) 15:52:55|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:44

淫乱な彼女に萌える理由

連休最後の一日。
子供を外に連れ出し、妻を育児から解放。
前日もプール行った後、親孝行したし。
しっかりポイント稼いで、それじゃあ、妻とヤりましょうか。。。
ってところですが、背中から肩にかけて、触っただけで悲鳴が出る状況。
これじゃあ、しばらくSEXはお預けだなぁ。。。。
しかも、彼女の中でイケなかった私は悶々としたまま。
たまらず、お風呂でオナニー。
車の中でダッシュボードを背もたれ代わりにしてイッた彼女を思い出して。
ということで、先週末から溜まっていた分をどうにか精算(苦笑)

彼女からは
「あんなにエッチな自分が恥ずかしい。」
「変態の淫乱みたいで引かない?」
と、ちょっと凹み気味のメールが来ました。

確かに、酔った彼氏の意識が朦朧にも関わらず、フェラで勃起させた上に、跨って自分からイク女なんて、十分にエロすぎます。

でもね、、、、

ノンノーン!!
引くだなんて。。。。
全然引いたりしないんだよ。。。
自分の彼女がエッチなのって、男にとってこの上ない悦びなんだから。

女性って性に対して受動的だと思います。
羞恥心もあるだろうし。
それに、淫乱な女性に対して「侮蔑感」みたいなものもあるかと思います。
良くも悪くもAVの影響か、「淫乱=低俗」みたいな先入観もあるかもしれません。

男の捉え方はちょっと違います。
確かに、ただの「ヤリマン」には引くかもしれません。
引かないにしても、ただの「肉便所」としてみなす可能性が高いと思います。
愛しく思うわけでもなく、性欲処理の道具としてみなす。。。。
十分にありえる事です。
が、自分の彼女が「自分の前でだけ」淫乱な部分をさらけ出してくれるなら。。。
これくらい萌える事はありません。

最初から「料理上手な彼女」「綺麗な彼女」「優しい彼女」は、ある意味理想の彼女です。
が、ことエッチに関しては
最初から「エッチな彼女」よりも「彼女がエッチになった」方が断然萌えるものです。

コテコテのAV女優さんみたいな淫乱さも、それはそれで良いとは思います。
それよりも「え!? あの人があんな事やこんな事を???」と思わせるような人が乱れた方が遥かに萌えます。
この考えは私だけに限らないと思います。

そして、この事は声を大にして彼女に言ってあげなきゃ(笑)
  1. 2005/07/19(火) 01:50:35|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:28

「管理人のみ閲覧」のコメントについて

「管理人のみ閲覧」でコメントをいただく場合があります。

せっかくいただいたコメントですので、できれば返信したいと考えています。
「管理人のみ閲覧」でコメントを書かれた際は、よろしければメールアドレスを添えていただければ幸いです。

決して「俺と付き合ってくれよ~」みたいなストーカー行為はしませんので(笑)
  1. 2005/07/10(日) 01:59:49|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

許せないオトコ、許せないオンナ

昨夜は作り置きのカレーに、鰹ベースの出汁を足して即席カレーうどん。
まさに男の料理ですね(笑)
こういったところ、妻も喜んでくれます。

かつて浮気が発覚し、妻が1ヶ月以上実家に帰った時に、料理を覚えました。
出汁の取り方に包丁の使い方に。全部独学ですけど。
転んでもタダでは起きないぞと(笑)

それなら今夜はご機嫌な妻を攻めてみようかな.....


[許せないオトコ、許せないオンナ]の続きを読む
  1. 2005/06/29(水) 09:42:33|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:20

結婚生活に求められる才能と努力

これは、夫の立場の人にも、妻の立場の人にも、不倫否定派の人にも、今ラブラブ中のカップルにも理解して欲しい事なんですが。。。


「快楽を求める道具」として妻を見ている「夫」が多いという事実がある事です。


そういった扱いに対して妻が拒否権を発動したときに、それを受け入れられる夫もいれば、受け入れられない夫もいる。
その結果はいわずもがな、、、、道具として扱われる事を拒否できる妻とできない妻がいる。

拒否する事ができれば、セックスレスとして成立します。
が、拒否できなければ、「道具」として扱われる事になります。

夫から「快楽を求める道具」として見られている女性達が夫以外に「安らぎ」や「愛」を求める心境、当然だと思います。
もちろん、「離婚」と言う選択肢がある事を考えると、「じゃあ不倫していいのか?」どうかの議論は別として。

そういう私自身、妻や彼女を「快楽を求める道具」としてみている面があります。
幸い、いっぱいの愛を貰ってますし、いっぱいの愛を注いでいるつもりですから、その時点で「快楽を求める道具」ではなく「快楽を分かち合う相手」になっています。(と思ってます。)

ただ、そういう無法的な「夫」をかばうつもりはありませんが、先天的に女性をそういう目でしか見れない男性っていると思うんです。


妥当な例えになるかどうか、、、


例えば野球選手の場合。
誰でも一度はソフトボールなり、草野球なりの経験はあると思います。
選手としてやっていれば、いずれは甲子園やプロ、それこそ大リーガーにもなるでしょう。
ただし、それは才能があって、それに加えて努力をしたほんの一握りの人だけ。
才能がない人は、諦めて挫折して野球を辞めれば済む話。

では、恋愛と結婚生活は。。。。
これも野球と同じように、「才能」や「努力」が必要だと思うんです。
となると、「才能」がない人もいるんですよね。
せめて「努力」すれば報われるんでしょうが、「努力する才能」さえない人もいる。

殆どの男女は恋愛して結婚して家庭を持つと、否応がなしに結婚生活を続ける事になります。
それは「才能」と「努力」のあるなしに関わらず。
言ってみれば、才能あろうがなかろうが、ずっとプロ野球の試合に出なければいけないようなものなのかな。。。

こうなると、本人も周りも辛いですよね。。。。
野球であれば、自分に才能がない事を身を持って知るでしょうから、潔く引退する事ができます。
でも結婚生活の場合は、勝ち負けもないし、成績も数字で残りません。


妻を「快楽を求める道具」としてしか見ていない「夫」というのは「恋愛」や「結婚生活」の「才能」に欠けてる人に他ならないんだと思います。
そして、そういう人たちに限って「恋愛」や「生活」は「才能」や「努力」とは関係ないと思ってる人なんだろうなとも思います。

じゃあどうすればいいのか。。。

「結婚生活」には「才能」と「努力」が必要である事を気付かせる事
「才能」と「努力」が欠如してる事を悟らせる事
そして「才能」は諦めるとして「努力」をさせるようにしむける事

なんて、口で言う(文に書く)のは簡単ですが、現実はそうも簡単にいかないんですよねぇ。。。

結婚も「免許制」になればいいんでしょうけどね。
ちゃんと学科と実地試験に通った人だけ結婚できるようにするとか。
免停中はSEX禁止で、ゴールドカードの人は浮気1回までOKとか。。。

教習所ができたら、夜の教官になりたいなー。。。。
  1. 2005/06/19(日) 01:17:59|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16

良妻賢母の「たちつてと」

昨夜は怒りも収めて、サッカー観戦。
日本買ってよかった。。。。


さて、昨夜の事件(苦笑)で、私なりの理想の男女像を考えてみました。

まずは「大和男子」の「たちつてと」(笑)

「た」:頼りになって
「ち」:力持ちで
「つ」:強くて
「て」:手をあげない
「と」:床上手

「ち」「つ」はいろんな意味で(笑)
「と」は必須ですね(笑)


では「良妻賢母」の「たちつてと」

「た」:楽しくて
「ち」:知性があって
「つ」:慎ましやかで
「て」:手料理が上手な
「と」:床上手 (やっぱりこれかよっ)


やっぱり「と」は必須(笑)


私?
全部自信ありまよ~(勝手に言わせといてください)

「たちつてと」な男性お捜しの方、カモ~~ンッ(笑)


  1. 2005/06/04(土) 10:35:48|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:18

人間には3種類いるのだ!と思ったりする.....

人って、何種類いるんだろう?と考えてみました。
私らしく、シモ方向でカテゴライズしてみます(笑)

結果、3種類存在すると結論。


①1人の人とだけセックスしたいと思う人
②複数の人とセックスしたいと思う人
③誰とでもセックスしたいと思う人


基本的に女性の多くは①だと思います。

私の妻がそう。

一方、男性の多くは③じゃないかな?
当然、本来は②や③だけど、世間体や倫理観で煩悩を抑え①に甘んじている男性も多数いるはずです。
で、風俗行ったりキャバクラ行ったり(笑)
同じように、①だけど本来は②や③って女性も多数いると思われます。

それでは、不倫してる女性は?
となると、やっぱり①の人って多いと思います。

私の彼女がそう。

②や③の比率は高くなると思いますが、やっぱり女性は①が多いと思います。

じゃあ、不倫してる男性は?
そうなると、①の人の比率がガクンと下がって、②、③の比率がグーンと上がる(苦笑)

かくいう私の場合は、限りなく③に近い②なのかな。
さすがに③にはなれません。
知らない人とはセックスできませんから(苦笑)
ただ、私の場合もっと性質が悪いのは、①とみせかけての②であるところ。

これって、女性からしたら最低な奴ですよねぇ(>.<)
う~ん、でも今は上手いってるから、これはこれでいいいのかな....

それから、男女問わず殆どの人が相手に望むのは、自分に対しては①である事。
人間って、本当に自分の都合だけで生きてるんだなぁって痛感します。
  1. 2005/05/21(土) 17:24:20|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

このblogをご訪問の皆様へ

このblogをご覧になっている皆さん、大勢いらっしゃるようです。

ありがとうございます。

ネチケット的には、ご訪問くださった皆さんのblogへお邪魔して、コメントの一つでも残したい気持ちはヤマヤマなのですが、同様の経験をされている方のblogもあれば、不倫やセックスとは全く無関係のblogをお持ちの方もいらっしゃいます。

そんな中、私が「いつもご訪問ありがとうございます」なんて
コメント残せば、あんまりかな??と自問自答した結果、極力表には出ない方がいいのかな?と思い、皆さんへのblogへのコメントは差し控えさせていただいてるのが実情です。

「リバタリアン」なんてHNは滅多にいませんので、検索エンジン走らせれば、誰が書き込んだのかバレバレですし(苦笑)
「イタイblog」と関連があるなんて知られたら不味いかもしれませんし。。。
せいぜい「管理人のみ閲覧」でしかコメント残していないのが実情です。

私も表では別のサイトを運営していますが、一般的なサイトと違い「blog」というコンテンツ自体が、良くも悪くも似たり寄ったりのレイアウトになります。
おかげで、フラッシュアニメのようなフェイクやデザインに誤魔化されることなく、中身が勝負になりますので、各管理人さんの個性が良く見えるものです。(アニメやデザイン自体も立派な要素であるとも思いますが)

ご訪問の皆様のblog、イロイロと勉強になります。
こっそり訪問させていただくこともあるかと思いますが、今後もよろしくお願いします。

自意識過剰と言わないでください(苦笑)

かつて私の表サイトで、一過性ではありますがアクセス過多が発生し、サーバ管理者に迷惑を掛けた経験があります。
それだけネットの怖さは良く解っているつもりなので、慎重にならざるを得ないというのが実情なんです。
  1. 2005/05/04(水) 16:00:41|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

妻の義務は夫の義務

コメントの返信を書いてて、ふと思いました。
私は自論として「妻は夫の性欲を満たす義務がある」という考えを持っています。
それと全く同じに「夫も妻の性欲を満たす義務がある」と思うわけです。
親であれば子供を育てる義務があるように、夫婦であればお互いの性欲を満たす義務があろうかと思います。
その中で2人の性欲のバランスが悪いと、いろんな事態に発展するんでしょうね。
私の場合、性欲旺盛ですから「務め」て妻の性欲を満たそうなんて気はありません。
妻が望むなら、いつでもどこでも願ったり叶ったりってところでしょうか(笑)
それに対して妻は、自分がヤりたくない時にはヤりません。
そんな時は「身勝手だな」といつも思います。
なかなかバランスが取れないところです。
妻の知らないところでいろんな事態に発展しています(苦笑)

彼女の旦那様は、自分の妻がイヤだと思っていてもヤることができる人間。
濡れない彼女がゼリーを塗るのを当たり前と思ってる人間。
だから彼女夫婦も旦那様の知らないところでいろんな事態に発展しています(笑)
私はヤりたくない人とヤってまで自分の性欲を満たそうとは思いません。
心が片方だけのセックスというのは、淋しいものだなと思います。
人間の種類が違うのかな。。。。
犯すようなセックスは好きですが、セックスで犯そうとは思えません。
自分自身、ヤりたいだけヤッてる分、一方通行にならないようにしないと。。。
肝に銘じます。
  1. 2005/04/26(火) 20:03:58|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

リバタリアン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。