FC2ブログ

妻と彼女には言えない事

妻と彼女には言えない本音を綴ります。懺悔の念も込めて。。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

妻のフェラチオ

久しぶりに家に帰って、ひとつ納得する事がありました。

旅館への問い合わせの件。。。。

妻に間違いありません(笑)

というのも、Tさんと泊まった旅館に記帳する際、素直に住所を書いたんですね。
Tさんと泊まるって事以外は、やましい事はなかったですし。
(まさか泊まった人数まで確認されるとは思いませんでしたが。)

すると「当宿をご利用いただきましてありがとうございました。」の葉書が自宅に送られて来ていたのでした。

あ、そういう事か。。。

一応、その辺は想定内でした。
かつて、この手の旅館からは、お礼のDMが来たりしてましたので、ありえる話ではりました。

ヤバい。。。とも、冷や汗をかく事もなく、私の中では全てのツジツマが合いました。
純粋に見知らぬ宿からの葉書に、頭の中が???となった妻が問い合わせをしただけの事だと想像しています(超楽観的(笑))。

仮に旅館側の気が利かず「2名様でお泊りになられました」と答えていたとしても、多分、不審に思わなかったでしょう。
実は他にもう1人一緒に出張に行っていた事を知っていますから、妻的にはなんら不自然なことではなかったわけですし。

不審に思って確認したのか、単なる確認の意味で電話したのかは、皆さんご自由にご想像ください。
まぁ、ヒネクレた考えであれば、浮気を疑って不審に思い電話で問い合わせたのでしょうけども。。。

今更どうでもいいです(笑)

それこそ逆に、浮気の事を知ってて、何もかも認識した上での一連の応対って事はないのかな?って気もしますし(笑)


さて、先週末は無事自宅にも帰り、3週間ぶりの休みとなりました。
空港には妻が迎えに来てました。
久しぶりに顔をあわせると、気恥ずかしいものなんですね^^;
やっぱりう目を合わせて話できないですから。。。

空港から近い私の実家へそのまま足を運び、私は散々飲みました。
その後、自宅に帰る頃には酩酊し、家に帰っても相変わらずのウタタ寝状態。。。。
なんとかお風呂に入り、妻から布団に寝るように促されました。
「一緒に寝ようよ」という私の言うがままに妻は布団に入ってきました。
私は妻の胸に顔を埋めたところ、妻からの一言。
本当に申し訳なさそうに
「ごめんね。。。できないんだ。。。」

ああ、そういう事か。。。

その辺りも想定内でした(笑)
これまでなんども期待して叶わなかった事って、今回に始まった事じゃないので、まぁ、仕方ないかなって感じでした。
それでも、胸に顔を埋めていながら、やはり勃起してしまいます。
キスすると、「したくなったら困っちゃうよ。。。」といいながら、私の舌を吸いにきます。


[妻のフェラチオ]の続きを読む
  1. 2007/03/26(月) 21:22:11|
  2. 妻に出してもらった日|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:24

心から愛するという事(祝500エントリ記念)

最近、またもやトラックバックスパムが増えた様子なので、久しぶりにアクセス解析などしてみました。

カウンタを見ると、300万超えてるし。
どなたかキリ番踏まれた方がいたら、生リバ写真でも送ったのにな(笑)

それよりも管理人的に嬉しい事が1つ。
前回のエントリの番号を見たら、ちょうど500になってるんですね。
これは嬉しいな~^^
飽き性の私が、500個ものエントリを続けてるなんて。
しかも、4月で2年になるわけですし。
報告できるものなら、妻と彼女に報告して褒めてもらいたいところです。
それは無理なので、自分で自分を褒めよう(笑)


さて、「忘れられない女性っていますか?感謝して、心からありがとうって愛した女性いますか?」とご質問を頂きました。

昔を思い出して答えてみましょう(笑)

心から愛した女性。。。

これはもう「居ません」と言うしかありません^^;

以前エントリで「恋は相手の全てを欲し、愛は全てを捧げる感情」って言った事があるかな?
その考えと同じなんですが、私にとって「心から愛する」の定義って、「この人の為なら死ねる」が基準になります^^;
そう考えると、かつて「この人の為になら死ねる」と思った女性はいません。
ってことは、心から愛した女性は居ないって事になっちゃいます。

これも以前にエントリしましたが、私がそう思えるのは、この世では自分の子供だけです。
「貴方が死ねば子供さんが助かる」なんて状況になれば、迷わず死ねます。(痛いのはイヤだけど)
もちろん、その愛情というのは恋愛感情とは別物なんですけどね。

これって、世の親御さん殆どがそうじゃないのかな。

よく私に対して「お前は本当の愛を知らない」と言う方もおられますが、そういう人達も、結局は私と同じで、恋愛の愛情よりも親子の愛情を選ぶんじゃないかな?と思います。
当然、自分の子供が居ない人であれば、伴侶の為に死ねるって人は多いでしょう。
その人達でも、子供ができれば、子供の方を愛するようになっていく。。。

種の保存の法則(?)から考えると、それが当たり前じゃないかな。。。

逆に、子を持つ親御さんで「どっちかの為に死ね」と言われて、自分の子供より伴侶を選ぶ人は、私とはあきらかに違う人種だなって思えます。

その人のために死ねるかって言う以上、軽々しく「愛してる」って言葉も使えません。
歯の浮くような台詞で恥ずかしい、、、って言うのもあるんですけどね^^;

アイルケの話に戻っちゃいますが。。。

フユカさんって、子供が居ながらにして死と隣り合わせの快感を求めてた節があります。
首を絞められて死にそうになる(メチャメチャになる)ほどの快感を得る、一種のプレイではあったはずなんですが。
それでも、岸谷さん(すいません、主人公の名前覚えてないし)に殺されてもいいって言うのは本心だったんでしょうね。
それを考えると”命を捧げていいくらい心から愛してた”んだろうなって思ったりもします。

一方、”心から感謝している”って意味では、その期間や実績では間違いなく妻が一番です。
というか、妻以外には居ません。
ある意味、”芸人の妻”的なところはありますしね(笑)

夜中の3時に道端に崩れ落ちて寝てる旦那を拾いに来る妻ってなかなかいないでしょうし(苦笑)

KさんやTさんには感謝しています。
凄く心の支え(張り合い)になってくれてるし。
実際、3月に入ってからの出張の辛さも、Tさんとのやり取りがあったこそ乗り切れたっていう気持ちが強いですし。


それと、忘れられない女性については、、、、

多分、このブログには登場してないと思います。
まだ童貞だった高校時代の話ですし。
高校3年間好きだった人とも違う、別の後輩です。
またの機会にエントリですね。
話せば長くなるんで。。。^^;



そういえば、たった今Tさんからメール
昨夜は音沙汰なしで心配した私を他所に、オールで朝帰りの模様。

「二日酔いの治し方教えて。。。」

電話かけると声が死んでました。
危うく”ふにゃ~っ”とした甘ったるい声に騙されるところでした(笑)

「自業自得だ。ぶぁかっ」で一括。。。

ちなみに、二日酔いには鎮痛剤とか寝る事は効果ありません。
吸収が速いイオン系飲料を1リットルくらい大量に摂取して血中アルコール濃度を薄める事が一番早く回復できる最良の手段です。

それを教えてあげると
「さすが達人! 伊達に20年以上お酒漬けじゃないのね」
とおちょくられました(苦笑)


さて、お家へGOですね^^

  1. 2007/03/24(土) 09:03:16|
  2. リバタリアン的主張|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16

Kさんの本音はココに。 Tさんの本音はココに? 俺の本音はドコに?

いろいろと考えてたら、眠れなくなってしまいました。。。

優柔不断な男の独り言を聞いてください。


相変わらず、家に帰れない状況が続いています。

そんな矢先、お客さんの都合で24日から26日までポッカリとスケジュールが空いてしまいました。
24日~25日は土曜日として、26日は月曜日。
上司に相談すると、
「3月休みなかったもんな。そっちで休み取ってもいいし帰ってきてもいいし、好きにしていいぞ」
との事でした。

確かにそうだ。。。

今月は、初めにTさんとお泊りして以来、休日も仕事か移動かで、まともに休んでなかったもんな。
昨夜のエントリでは、寂しさ故の人恋しさが爆発した私ですが、素直に「帰れる」事への喜びだけではないと言うのが本音でした。

いろんな事が頭をよぎりました。

妻に逢いたいな。子供と遊びたいな。

Tさんにも逢いたいな。

その反面、最後の仕事が終わるまで帰らなくてもいいかなって気持ちもありました。

土曜に帰ったとして、また月曜に戻るのもなんだか億劫だなぁ。。。
多分、両方の実家に呼ばれて酒漬けなんだろうなぁ。。。(これはウェルカム(笑))
こっちで友達に会ったりできるなぁ。。。
仲が良い先輩が出張で近くに来るんで、合流して飲みに行ってもいいかな。。。etc

それと、、、、

帰ってもTさんとは逢えないだろうなぁ。。。
帰ってきたのに逢えないとなると、Tさん嫌な思いするんじゃないのかな?
なんて余計な事も考えてみたり。


妻に報告

「24日から26日まで休みになったよ」
「帰れる?」
「どうしても帰って欲しいなら帰ってやるぞ(笑)」
「帰りたいんでしょ? それだったら帰っておいでよ」
「カクカクシカジカで悩み中。考えさせて。。。」


Tさんに報告

「帰ろうか帰るまいか迷ってる」
「お休みなんでしょ? 帰って息子に顔見せないと忘れられるぞ」


よし、決めた。


帰ろう。


夜になって、妻に電話で帰る事を伝えました。
酩酊中でしたが、大体の内容は記憶しています。
「帰ったら破格の待遇しろよ」
「何言ってるの、帰って来れて嬉しいくせに」

電話の後、「おやすみ、チュッ」と言うメールが来ました。

こっちが照れるじゃねーか。。。


その後、かなり酩酊しました。
すると、珍しくKさんから「声が聞きたい」とメール。
私はすぐに電話を掛けました。
会話の内容は酩酊してたのと眠かったので、よく覚えてません。
でも、最後の方の会話を覚えています。
「たまには好きって言ってよ」
「あ、うん、好き好き」


俺、、、
何やってるんだろう。。。


そのままウトウトしてたら、職場の飲み会だったTさんの事を思い出しました。
「無事帰ったか?」とメールを入れると、すぐに電話が掛かってきました。
ビックリした私はハッキリと目が覚めました。
Tさんとの会話は覚えています。

「凄いご馳走だったよ。今二次会に向かってるところ」
声はご機嫌で、かなり酔ってたみたいでした。

話題は昨夜のアイルケの話になりました。

「私は”殺して”なんて言わないよ。だって死にたくないもん(酔笑)」
「じゃ、俺が殺してって言ったらどうする?」
「殺してあげるけど一緒には死なないよ(酔笑)」
「なにっ!?一緒に死なねーのかよっ」
「貴方が死ぬのを見届けてから私も後を追う(酔笑)」

そして、こんな事を言ってました。
「何もかも全部捨てて来てくれるとしたら、私的には全然OKよ」
「でもね、あんなに可愛い息子ちゃんからは貴方を奪えないわ」

多分彼女の本音が出たのかな。。。


それにしても、ホント俺って何やってるんだろう。。。
Kさんに応えてあげる事って難しいんだけどな。。。
確かに好きは好きなんだけども。。。

その後Kさんからメールが入ってました。
「電話ありがとう。嬉しかったよ」

そういえば、久しぶりに聞くケタケタ笑う元気な声だったよな。。。

  1. 2007/03/23(金) 04:56:12|
  2. 何もしなかった日|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:17

愛の流刑地

久々にネットができる環境になりました。
今日はゆっくりと指定席に座る事ができました(笑)
(また行ったり来たりだし^^;)

アイルケってドラマになってたんですね。。。。

昨夜たまたま最後の方をチラ見しちゃったんですね。
映画を観に行ったTさんが、「トヨエツのお尻!!」と強調してたはずなのに、なんで岸谷さんなのかな???
映画が公開されたばかりなのになんでテレビ放映なのかな???
と、激しい勘違いをしてました(苦笑)
で、今日もたまたまテレビ見たら今夜もやってるし。

2夜連続??


ある意味当事者の立場として。


あくまでも小説(ドラマ)の世界だからでしょうけど。
さすがに絞殺はありえないかなと。。。^^;

排ガスとか薬とかだったら生々しかったんだろうけどな。
そりゃ無理心中か。。。

シャレになりませんね^^;


個人の恋愛関係というのは、社会通念とか一般常識では量れないものはあるとは思います。
それに、裁く側にしても個々人が経験してきたこれまでの人生観や過去の恋愛が基準になるわけですし。

最後の判決を裁判長さんが読み上げてましたが、ごもっともなな主文でした。
「違うんだよっみんな解ってないんだよっ」って言われても、社会通念に通用しない以上、誰も理解してくれないだろうし。

それはそうと、制限のあるテレビドラマが故に、かなり抑えられたエロ表現だったんだろうなって。

本当であれば、それこそこのブログも及びもつかないようなエロイ快感に浸ってたんでしょうね^^;

原作読んでないから何とも言えないけど。

私の場合、ドラマみたいな恋愛は無理です。
大声で「俺は○○を愛してるんだ~」なんて吼えるほどの器じゃありませんし^^;


いやー、、、

私は誰も殺す勇気はありませんが、苦しくないのなら、誰かに殺されてもいいかもしれない。。。。

今非常に愛に飢えてる状況なので、愛をくれる人になら誰にでも(笑)

と、妙に弱気になってる状況でもあります。

いやいや、、、、

まだ子供と一緒にお酒飲んでないから、それまでは死にたくないな。。。

  1. 2007/03/22(木) 00:01:51|
  2. 心のつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

小心者ネタ(苦笑)

今まさに名古屋からの新幹線に乗ったところです。

指定席なはずの自分の席を見ると、、、

隣には綺麗な女性が座ってます。

これはラッキー

が、、、、

私が座る席に荷物を置いたまま気持ち良さそうに眠ってらっしゃいます(^_^;)

起こせない。。。。

今、デッキに1人寂しくたたずんでいます(T_T)

これがオヤジだったら間違いなく叩き起こしてます(笑)

と言うことで、小心者ネタで最近の事柄など。

以前エントリした事もありますが、私は女性の名前を呼び捨てにできません。

昨夜Tさんと電話した中に、そんな話題になりまして。

Tさん的には呼び捨てにして欲しいそうなんですが、どうにも照れちゃってダメなんですね。

いつも「○○ちゃん」とか「キミ」とか。
たまに「おまえ」なんて言うと「おまえ言うな~」とかツッコまれたり(^_^;)

「妹がいないからかな?」と言うTさんは、「妹と思えばいーじゃん」なんて軽く言うわけですが、やっぱり難しいな。。。

呼び捨ての練習するように約束させられました(^_^;)

でも、妻でさえも呼び捨てにできないんですから無理ですよ。。。

ちなみに、妻の事は「あのさ~」「ねぇねぇ」「○○ちゃん」「ママ~」等々

たまにエロオヤジっぽく「奥さ~ん」なんて呼ぶ事もありますが(笑)

どう考えても呼び捨てはありえないなぁ。。。

Kさんもちゃん付けだし。

一方妻は私の事を「○○さん」って呼んでるかな。

昨夜はかなり優しげなメールをもらいましたが、「旦那さん」でした(苦笑)

優しげなメール故に、照れでもあったんでしょうか(笑)

Tさんの場合、2人の時は「ダー」ですが、皆の前では「○○○さん(←誰もが呼ぶ私の愛称)」って見事に使い分けてます。

で、抱っこしてくれる時は「○○ちゃん」

まぁ、ありがちな使い分けですね。

その割には「皆の前でも敬語使うなよ」って言っても、「一回り上の人つかまえてタメ口きいたら私が生意気に思われるもん」と頑なに拒むんですよね。

みなさん、夫婦同士や恋人同士ではなんて呼びあってるんでしょうね。。。

何気に席を覗いたら、やっぱり寝てるし(T_T)

JRさん、指定券のお金返してくれないかな~

  1. 2007/03/19(月) 17:41:51|
  2. 心のつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

なるようになるさ

相変わらず流浪の旅を続けております(^_^;)

昨日は愛知県民、今日は神奈川県民、明日はまたも愛知県民、そして明後日はまたまた神奈川県民という、JR東海からは表彰されてもいいくらいの貢献度です(笑)

新横浜か名古屋駅にたたずむチビデブメガネハゲで加齢臭がキツい親父がいたら間違いなく私です(笑)

さて、一連の電話問題、、、

諸説飛び交ってるようですね(^^;)

私自身は意外と冷静になっております。

というのもここ数日、妻と何度となく電話のやり取りをしたんですが、その様子から察するに、どう考えても妻が問い合わせをするような条件が揃わないというか、変な様子が微塵も感じられないんですね。

酩酊した晩はちょくちょく電話をかけ、その翌日に
「俺電話かけてたよな…」と話すと

「酔っぱらって電話かけてこないでよ~
今みたいに素面のときにかけてきてよ~」と、なんだかんだで嬉しそうにしてるし。。。

かれこれ20年近くの付き合いですから、疑問や不審を感じたときの妻の態度とは思えないと言うのが正直なところです。

もしかしたら、疑念を持ちながらも、出張中の私を気遣って、あえて自然なフリをしてるのかもしれません。

あるいは、仮に全てを知っての態度なのかもしれません。

もしそうであれば、敬服するのみ。

その時は、もしかしたらTさんの事に関しては洗いざらいの事を自白するかもしれません。。。。

まぁ、確率的にはゼロに近いと思います。

それはさておき、、、

今回の結果として、妻からの問い合わせでなければ、別に誰でもいいかな、、、と思えるようになりました(笑)

それじゃ、問い合わせしたのは妻じゃないとして、一体誰か???

Kさんの可能性もあるだろうし、Tさんの可能性もある。

はたまたTさんの彼氏さんなりが誰かに依頼して、、、

もしかしたら、酩酊中にかけた電話は10人近くに上るので、その中の誰かかもしれないし。。。

なんて事を考えたらキリがないしなぁ(^_^;)

幸いにも、旅館側の対応が杓子定規なものではなく、結果的に機転が利いた対応になった事として、この件は一件落着にしようかな。

家に帰って、妻からは
「聞きたい事があるんだけど、、、」

となるか、普段通りなのか。。。。

時の流れに身を任せてみましょう。。。。

  1. 2007/03/18(日) 01:02:06|
  2. 心のつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

これは事件か???

神奈川県から再び愛知県に移動して流浪の生活を続ける男です。
一体何の仕事をしてるんだ?とは聞かないでください。
精神病の一種(?)であるコルサコフ症候群と断定されましたので、
作り話かもしれませんし(笑)
記憶の無い所で殺人や障害を起こしてると思われます。
肝臓もスポンジです。(頭もかも。。。)
鬱病も併発しています。
幸せでもないらしいです(苦笑)
そのうち大きなトラブルも起こすかもしれません。。。。
周りの人は大変なんです(これは本当)

昨夜もやらかしてしまいました(笑)
電話攻撃の次は、「写メよこせ」攻撃(笑)

Tさんに「写メ送ってくれないか」とメールを送ると
「やだ」
と即答。

「けち」に対しては「けちじゃないもん」と抵抗(笑)

「撮るのが恥ずかしいんだな。。。」とチャチャを入れると
「高くつくわよ」と言いながら、友達と一緒に写ってるのを送ってくれました。

ちなみに、Tさんは普段から全くと言っていいほど化粧っ気がない人です。
その写真も当然のごとくドスッピンでした^^;

そういえば、Tさんの事でよく解らない事があります。
普段は一切化粧しない人なんですが、月に1度エステに行くのを楽しみにしてるそうなんですね。

まだこういう関係になる前のある飲み会の事でした。
その日Tさんはエステの日で、まるで別人みたいになって飲み会に登場したんですね。
びっくりでした。
この人、化粧すれば映えるのになー。。。。

先週、泊りがけでデートした翌朝も、「化粧する時間ある?」と聞いたら「しないもん」と即答^^;

ついつい
「え゜~!? してよしてよ~」とダダをこねてしまいました。
ブツブツ言いながらも、キレイに化粧してはくれましたが(笑)

で、更によく解らない事が。。。^^;
仕事じゃない日はピアスとブレスレットと指輪とネックレスは常時装着。
お母さんがかなりお好きな方だそうで、母娘で貴金属を買い漁るのが趣味だそうです。
値段聞いたら、、、、
確かにビックリしました。。。。

男の私の理解を超えてました。。。。(>_<)

ところが、それだけ貴金属をつけてても、やっぱりスッピンなわけなんですね^^;
先入観かもしれませんが、貴金属好きな人って、化粧もファッションも隙がなさそうな感じがするんですけども。
どうもTさんにはそれは当てはまらないようです。。。


って、話は逸れましたが、妻にも「写メ送れ」攻撃。。。。

「かなりハズ、、、」とハートマークのフレームで送ってきたので
「余計なフレームはいらねーよ(笑)」とツッコんだら
「もう許してよね」と再度撮り直して送ってくれてました(笑)

今日電話したら
「この酔っ払いおやぢっ」と鋭いツッコミも返されました(笑)


で、Kさんに「写メ送って」とメール送ろうとした矢先。。。
「おやすみ」と写メ入ってきたし^^;





と、ここまではオチャラけたお話です。



[これは事件か???]の続きを読む
  1. 2007/03/12(月) 22:46:24|
  2. 何もしなかった日|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:34

タイトルなし

ただ今、神奈川県の某所に潜伏中です
(^_^;)

実は携帯の電波も危うい地域です。

すでに1週間ほど家を空けた状態でして。。。

先ほど妻に電話など入れてみました。

何が用事ってわけでもないんですが、ちょっと声など聞きたくなりまして。
(^_^;)

私が電話を苦手であり、電話をかけてくる時は酩酊状態である事をよく知る妻は、喜びながらも私の事をからかっていました。。。

で、更に今し方、Kさんとも話をしまして
(^_^;)

Kさんも、私が酩酊状態じゃないと電話かけてこないって解ってるので、嬉しそうに話してくれたし。。。

いや~

お酒の勢いを借りないと電話できないのも情けない話ですね(T_T)

ちなみにTさんにも「声聞きたい」ってメール入れてます

「ごめんね~、まだ友達と一緒だから電話できるようになったらメール入れるね」

との事です

いやはや、声聞くのにイチイチメール入れる関係と言うか、微妙に離れてるのも情けない話ですよね(T_T)(-.-)
  1. 2007/03/10(土) 22:22:50|
  2. 心のつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

心の拠りどころ

先週末、珍しく妻に嘘らしい嘘をつきました。

本当は日曜日からの出張を

「出張、土曜日からになったから」

といって、1日フライングで家を後にしたわけです。

実は、その前日までもドタバタの毎日で、妻もかなり気遣ってくれてはいたんですね。
実際、そのままの状態で休むまもなく出張になっちゃいまして。。。

家でゆっくりするって手もあったんですが、
やっぱりTさんに逢いたくなったというか、癒してもらいたくて。。。

Tさんに「土曜日一緒に居れるか?」と聞くと快諾。

フライングした1日はTさんとドライブ。
とりあえず、泊まるところは確保しました。
予約したのは普通のビジネスホテル(笑)
といっても、その割には貸切風呂があったり、ちゃんとした居酒屋さんがあったり。
ちょっとした温泉旅館って感じでした。

本当なら皆さんにもご紹介したいところでもあるんですが、それは無理っていう事で(笑)

私はというと、仕事に忙殺された状況を癒してもらって以来Tさんと逢ったんですね。
前回と同様、休みなしの生活が続いたわけですから、またもいっぱいいっぱいの状態でもありました。

正直、今の私は彼女に救いというか、精神的な拠り所をを求めてるのかもしれません。

と言っても、日常では体験できないような異次元の空間を求めるとかって意識はこれっぽっちもなく。
何が目的ってわけでもなく。
ただ一緒に居る事で満足というか。。。。

車中ではバカップルみたいなトークは何もなく。
時におバカな、時に真面目な会話で過ごします。

夕食はホテルの居酒屋で、2人して散々飲み倒しまして(笑)
部屋に戻る際、フロントに部屋飲み用のグラスと氷を貰いに行ったら
私達の飲みっぷりを知った若女将さんから

「あんまり飲み過ぎないように~(笑)」と軽くツッコまれまして^^;




SEXもしました。

でも、妻をイカせるときの気負いもなく、Kさんをイカせる時の攻め具合もなく。。。

抱っこしてもらって、いっぱいキスしてもらって。

もちろん、普通に正上位や座位、バックや騎乗位っていう一連の流れもありました。
でも、フェラはなし。
でもでも、そういう事ってあんまり重要じゃなかったかな。。。

なんかね、、、、

SEXしていながら、愛人とか彼女とかっていう男女関係的な淫靡な感覚じゃないんですよ。
かといって、母親とか妹といった肉親的な感覚でもなくて。

いやはや、、、、実際は単なる不倫相手で、一晩中散々SEXした相手ではあるんですけど。。。。

不思議な関係だよなぁ。。。。

今しがたTさんからメールが来ました。
夕方、あまり仕事がはかどらなかった事を報告した事への返事でした。
「帰ってきたらまた抱っこしてあげるから頑張って^^」

普段は妻から抱っこされて、今はまたTさんからも抱っこされて。
一見、フザけた状況ではあります。
が、こうやって女の人に甘えすぎるのも、ちょっと変な話だとも思うんです。

心の準備もできぬまま、二週間近くアチコチを飛び回る出張って事で、私自身も精神的に参ってきてるのかなぁ。。。

というわけで、出張先の某所から。。。

すいません、、、

また放置気味になっちゃってますね。


  1. 2007/03/07(水) 00:29:56|
  2. 彼女に出してもらった日|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:35

リバタリアン

02 | 2007/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。