FC2ブログ

妻と彼女には言えない事

妻と彼女には言えない本音を綴ります。懺悔の念も込めて。。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

妻と彼女には言えない私の歴史 その3

二股ってほどではありませんが、妻と付き合い出してからも、何かと女性と関わりをもちました。
彼女たちを思い出してみました。。。。

【後輩①】1990
6歳年下。職場の1年後輩。当時はギャル系、今はお局様。
既に本命(現妻)と付き合ってましたが、彼女が俺を気に入ったことをいいことに、妻に隠れてデート&キス程度の間柄でした。
二股と言われるほど二重で付き合ったわけではありませんでした。
でも、彼女的には本命とは別れて欲しかったみたい。
いつも自分の方がイイ女って不満並べてました。
しかし、彼女の性格のキツさが命取りになると思い、彼女にはなびきませんでした。
当時は本命とのセックスが充実してましたから、彼女の人間性を見る余裕があったからだと思います。
でも、可愛いことは可愛かったので、兄貴としての立場をキープしつつ、結婚後もタマにデートしました。
ズルイ男です。

彼氏もできたりしたようですが、どれも長くは続かなかったようです。
私が結婚した後も私のこと好きだったんだと思います。
その後、指マン、手コキまでは進展しましたが、彼女自身自制心が強く、一線は越えませんでした。
私も押し切れず、そのうちに段々と疎遠になりました。
職場が同じため、今ではちょっときまずいです。
案の定、キツい性格が災いして、今では職場のお局様。
いわゆる「負け犬」ですね。
可哀想とも思いますが、自業自得だと思います。
人間、顔やスタイルよりも、最後は性格です。。。。


【後輩②】1990
2歳下。入社2年目の長期出張先の事務所で採用されたお嬢様系。
見かけも可愛く誰からも可愛がられるタイプ。
彼氏はいましたし、私にも彼女が居る事を知っていましたので最初は距離を置いていました。
当時私は後輩①とも並行して進行してましたから、手を出す余裕もありません。
彼女は私のことを兄のように慕ってくれました。
いつも「せんぱぁ~い」って甘えてくる可愛いコです。
妹みたいに可愛がりました。
しかも私は彼女(妻)と離れて一人暮らし中です
彼氏に一途だったはずの彼女の中にも浮気心があったんだと思います。
彼氏に嘘ついては二人で飲みに行き、私の部屋にに出入りするようになると、料理も作ってくれたり。
そうなると、据え膳食わないわけにはいけません。
部屋に来るうちに、グショ濡れになるくらい指マンで攻めるようになりました。
でも彼女にも後ろめたさがあったんでしょう。一線は越えません。
私もそうでした。彼女(妻)へというより、彼氏に対して申し訳なくて。
ある日飲みに行った帰り、お酒の勢いで彼女の方から「先輩とエッチしたい」って。
私の部屋ではなくラブホに行きました。
細身の華奢なコだったので、壊れ物に触るかのように愛撫して十分濡れたのを確認して挿入。
ところが。。。

私のちんちんが彼女には大きすぎたらしく、途中で痛がり不発に終わったのでした。
それ以降、マンションへ出入りすることはなくなりました。
彼女の中では、私との浮気によって、彼氏の大切さを再認識したようです。
かといって、気まずくなったわけではなく、良き先輩と後輩の間柄は続きました。
兄と妹のようでした。
デートもしました。もちろんセックスは無しです。
事務所もオープンな雰囲気でシモネタ全然OKでしたから
「先輩ってオチンチン大きいんでしたよね~? 今度見せてくださいよ~。」
「彼女痛いって言わないんですかぁ?」
なんて事を平気で言うから、こっちが赤くなったりしました。
可愛い顔して。。。
女の人、怖いです。。。

長期出張終了と共に私は地元に戻り、彼女も結婚が決まりました。
結婚前に、事務所のメンバーと一緒に私の街に遊びに来てくれました。
街を案内した夜、彼女達が泊まってるホテルまで送ったときです。
私が車に乗り込もうとしたら、彼女が駆け寄ってきました。
「忘れ物?」と聞いたら、いきなり抱きついてきて泣き出して、、、
涙流しながら長~いキスをされました。
彼女の中ではお別れのキスだったんだと思います。
私は悲しいというより、妹がお嫁に行くってこんな気持ちかなって切なくなりました。
結婚後はしばらく仕事を続けてましたが、懐妊と共に退職。
その後は子供さんも2人となり、マンションも買ったって手紙もらいました。
今は幸せな生活を送っている事でしょう。
あの時、彼女が痛がらなくて、2人ともハマっていたら、私達の人生は変わっていたかもしれません。。。。
でも、彼女のことだから私を選ぶことは無かったと思います。
  1. 2005/04/13(水) 22:25:16|
  2. 妻と彼女には言えない歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<妻をお仕置き | ホーム | ちっ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://libertarian.blog7.fc2.com/tb.php/31-860c89f8

リバタリアン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。